三国志 03 群星の巻 [Kindle]

著者 :
  • 2013年10月22日発売
4.03
  • (11)
  • (12)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・4/? 暫く読まないでおいたけど再開.登場人物が多いだけじゃなく名前の漢字がすんなり読めるわけじゃないから余計煩わしく感じる.それにしても長い話を先に進めるためか、いとも簡単に人を殺してしまうものだな.

  • 呂布と董卓と貂蟬の三つ巴愛憎劇(ちがうか)あり、曹操と呂布の裏切り合戦(ちがうな)あり、仏のような劉備にイライラしちゃう張飛あり(これは違わないな)の盛りだくさんな第3巻。
    面白かったー!!

    呂布の筋肉バカっぷりも曹操の行き当たりばったりっぷりも愛すべきキャラやなー。
    逆に劉備がいい人すぎて怖い……本心から言ってるんだろうけど、ちょっとへりくだりすぎじゃね?
    まぁ、そんな私は張飛と関羽推しやけど。
    あと趙雲!かっこいいー!!

    てか、これが無料で読めるとかほんま青空文庫ありがとう。
    それをKindleで読めるAmazonもありがとう。
    しばらく楽しめます。

  • 『三国志 03 郡星の巻』
    吉川英治 著。

    「一銭を盗めば賊と言われるが、一国を奪れば、英雄と称せられる。」
    *
    ますます登場人物が増えて来て、気をぬくと敵が味方か分からなくなりつつ、読み進め中。
    *
    今回は傾国の美女、貂蝉が出て来ました。
    中国四大美女の一人らしいです。
    傾国の美女や傾城の美女の逸話は沢山残ってますが、そういうの見るたびにどれくらい美しかったのか見てみたいな〜といつも思います。
    *
    昔と美の基準も違うし、きっと頭の良さとか何か一芸あったりとかそういうのも含めてだったんだろうけど。
    でも、一国を滅ぼすほどの美女…やっぱり見てみたい!
    *
    そして、趙雲登場。
    今後の展開も楽しみ。
    *
    *
    *

  • 洛陽を捨てて、長安へ遷都する董卓に対して、若き曹操は単独で戦いを挑むが、逆襲を食らう。その後も懲りない曹操は呂布や陶謙など感情のままに転戦するが、多くは敗戦。また、自分の命を救ってくれた親族を気まぐれで虐殺する一方、父を殺されたことには激怒し、無謀ともいえる復讐戦に挑む。支離滅裂な行動を繰り返すのだが、なぜか彼のもとには多くの才人が集まり、曹操を盛りたてる。極悪人なのに憎めないキャラクター。

    その一方、呂布は、美女貂蝉を想い、嫉妬の感情から主君董卓を裏切る。呂布個人の武勇は超一流だが、政治力、統率力に乏しいため、曹操と同じく連戦連敗。

    曹操と呂布というどちらもワガママなキャラクターを中心として、さらに劉備や孫堅、袁紹などの群雄たちも領土と皇帝の権威を求め、争いと裏切りが絶えない第2巻。

  • 曹操を中心に、董卓を倒す軍ができる。
    華雄に孫堅含め散々やられたが、関羽が倒す。
    董卓が遷都し、曹操が追いかけてやられる。
    孫堅は玉璽を手に入れて、運命を感じて脱退。
    董卓と呂布の貂蝉をめぐる争い。
    董卓が呂布に殺される。
    呂布が劉備のもとへ。

    一粒の米を取れば罪人となり、一国を取れば英雄となる人間の社会は良く分からないなあと思った。また、義という言葉をよく使うが、けっこう裏切っている。
    ただ、その中にも、貂蝉のように、拾ってもらった恩に報いるため、死を覚悟して、董卓と呂布の間に疑心を持たせる人もいる。そして、使命を果たした後、自害することも厭わない。人間って不思議だ。
    劉備のように誰に対しても誠実をもって接することができるようになりたいものだ。

  • 貂蝉かわいいよ、貂蝉。
    呂布に貂蝉に劉備に、と無双ゲームでしか知らなかったキャラたちの活躍っぷりに、こういことだったのねと頷くことしきりです。映画レッドクリフも好きだったので諸葛孔明早く出てこないかなあ。断片でしかないキャラとか物語が読み進めていくことに壮大な大河ドラマとなっていくのが楽しい。こういうシリーズは間を開けずに読むのがいいですね。名前忘れちゃうから笑

  • 桃園の契りを交わした義兄弟、なんの地位もないけれど、志高く実績を積む日々。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1892年、神奈川県生まれ。1921年、東京毎夕新聞に入社。その後、関東大震災を機に本格的な作家活動に入る。1960年、文化勲章受章。62年、永逝。著書に『宮本武蔵』『新書太閤記』『三国志』など多数。

吉川英治の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする