亜人(3) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (6)
  • (21)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 197
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (197ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  タダだったから読んでみた( ´ ▽ ` )ノ

     キャラクターの印象が二転三転、すっかり作者の手玉に取られちゃった( ´ ▽ ` )ノ
     割と単純な話なのに凝りまくったプロットで、展開は常に意表を突いてくる( ´ ▽ ` )ノ
     続きを読みたくなっちゃうねえ( ´ ▽ ` )ノ
     しかし、巻末アシスタントの「担当」表記、細けえ(@_@)
     ここまで明記する必要、あるのかな?(@_@)
    2020/04/22

  • 【生い立ち】
    幼少期のエピソードから圭の人間性が見えてくる巻。
    圭の妹と海斗、圭本人のモヤモヤを抱えたまま成長してしまった感じが心打たれる。
    壮大なバトルや逃亡の中に人の思いがあるのがこの作品の一番の魅力だなー、なんて思ってます(^ ^)

  • 遐皮ゥカ謇?縺九i縺ッ騾?£蜃コ縺帙◆縺代←縲√%繧後°繧峨←縺?↑繧九s縺??溘??諠ウ蜒丈サ・荳翫?螻暮幕縺悟セ?▲縺ヲ縺昴≧縺ァ縺昴l縺梧・ス縺励∩縺ァ縺ェ繧峨↑縺??

  • アニメを見ていたので展開は知っててもドキドキする。実験施設から脱出するまで。

  • Kindle無料版にて。
    面白いな。
    続きが気になるいいところで終わってしまったよ。
    どうにも登場人物それぞれクセが強すぎるな。
    割とまともそうな主人公永井もなんかかなりヤバそうだしな。
    そして亜人があれだけ集まるっていうことは、自らを亜人だと気づいていない人間はどれくらいるのだろう。
    映画もやることだし、全巻買っちゃおうかな。

  • えぐぃ

  • 政府の陰謀とか亜人の反逆っぽいフラグがたって面白くなりそうな予感。上辺以外で心配したことがない。佐藤君の違和感。自己中なのか否か。計り知れないが。多分、どれもホントのことで矛盾を抱えながら生きる生き物が人で。ということを考えてみる。

  • 残酷だけど、ハラハラして面白かった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

東京都出身。男性。
2008年アフタヌーン四季賞で大賞を受賞。
2012年から「good!アフタヌーン」で『亜人』の連載を開始。

「2017年 『亜人(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜井画門の作品

ツイートする
×