キャプテンハーロック DVD通常版

監督 : 荒牧伸志 
出演 : 小栗旬  三浦春馬  蒼井優  古田新太  福田彩乃 
  • ポニーキャニオン (2014年2月21日発売)
3.00
  • (3)
  • (8)
  • (17)
  • (6)
  • (4)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013577961

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『銀河鉄道999』シリーズと並び称される松本零士の人気コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、およそ30年ぶりにアニメ化。宇宙海賊として地球連邦政府に反旗を翻すハーロックの活躍を、彼の暗殺命令を受けた男との対峙ベストセラー作家・福井晴敏、監督には荒牧伸志を起用。英雄譚の王道をいくストーリーに加え、壮大なビジュアルにも目を見張る。 広域指名手配犯・宇宙海賊キャプテンハーロックの暗殺命令を受けた青年・ヤマはアルカディア号に乗組員を装い潜入し、ハーロックに近付いていくのだが…。製作年:2013年

  • なんに予備知識もなく見てしまったよ

  • 原作者の 松本零士氏に対しても十分に敬意を払っている内容であったと思う。

    そもそもハーロックって、アイコンがかっこよすぎるのだ。

    ストーリーに対しては賛否両論あろうかと思うが、こういうのはわかりやすさとか、かっこよさが伝わるのが重要。
    個人的には ハーロック達の処刑が実施されるときに助けにくるのはエメラルダスがくると、興奮度はMAXだったんだけど、内容が複雑になるからそれはお預けで正解かな。

  • 【コメント】
    youtubeの予告編を見て期待したんだけど。。。
    カッコいいシーンを見るならyoutubeで十分だろう。
    物語としてはのめりこめなかった。

    【内容】
    宇宙に勢力を広げた人類は、異文明との共存も果たせ
    ず、広大な宇宙に孤立無援であることを知る。
    そこから沸き起こった虚しさは、地球への帰還の欲求
    にかわる。だがその頃には人類の人口は膨大なものと
    なっており、皆が地球に居住できるわけもなく、
    居住権を掛けた戦争が始まるのだった。そんなわけで
    人類はこれを調停するためにガイア・サンクション
    という統治機構を設けて、地球を絶対不可侵の場に
    してしまう。

    そんななか自由を旗印に、ガイア・サンクションに
    立ち向かう男がいた。広域指名手配S-00999。
    その名はハーロック。

    これは彼と彼の旗のもとに集う仲間たちの物語り。
    物語りは、新米乗組員ヤマの視点で展開していく。

  • 『キャプテン・ハーロック』は恥ずかしながら読んだことも観たこともなかったのだが、「キャプテン・ハーロック」に興味関心を持たせるには十分な出来の映画だった。
    これだけでもこの映画はリブート成功していると言えるのではないだろうか。
    少なくとも私は原作読んでアニメ観てみたいと思った。

    影像が綺麗で、迫力もあって、劇場で観れば良かったと後悔してる。
    ハーロックの格好良い見せ場が結構あって滾った。
    特にヤマを助けるために降下するシーンは良かった。

    俳優が声優として参加していたが、あまり気にならず、良かったと思う。

  • CGはきれいで迫力もあるしいいんだけど、ストーリーがなぁ。こういう作品にありがちなんですけれど。残念な出来ですね。
    ラストも中途半端になっているし、交代なら交代でしっかり描けばいいのに・・・。

  • 俺、微妙に松本零士世代ではないのよね。
    ヤマトは大体の話は知ってるけど、後から知った感じで、
    ロボットが出てこないのが不満だった。
    999は子供のころよく見ていたが、行く星々で
    教訓めいた話が語られる、ともすれば児童文学的な
    カテゴリで見ていた気がする。
    (まだ「銀河鉄道の夜」は認識していなかったはずなのに)

    特に「なまけものの鏡」とかが印象に残っているなぁ。
    ま、999は最終回あたりと映画版を見て印象が変わったが。

    で、ハーロック。
    ハーロックが看板のアニメ、なんか全然記憶にないんだよね。
    やってたのは知ってるんだけどさ。

    なんで、999とかにごくたまに出てくるゲストのかっちょいいおっさん
    くらいの印象しかないわけです。
    そんな人の感想。

    …悪くないんじゃない?

    いや、TV版の話とか知らなかったんだけどさー。
    この映画オリジナルの話かもしらんけどさー。

    イソラ・ナミ・ヤマの愛憎やハーロックの贖罪?
    それぞれドラマがあってよかったわ。
    ビジュアル的にもCGで松本零士色のつよい女性(宇宙人も)が
    そのまんまの感じでなじんでて。

    トリさんもあのまんまでな。
    (まさかわざわざボイスにモノマネ芸人福田彩乃をあてるとは思わんかったがw)

    小栗君のハーロック声はちょっと渋い声出そうとし過ぎてる感があったけども。

    ただなんだな、ハーロックったら、「うっかりしたシャア」みたいな感じだったけど
    それでいいのかな?という気はしたな。
    元々そんな話だったのか?

    しかし、宇宙時代に入ると地球を聖域化したくなるのは日本人のサガなのかしらね。
    「エリジウム」とかでは、「金持ちは宇宙、地球はスラム」みたいな感じだったので。
    (いや、エリジウムの例の方がが珍しいか…)

    ラストは、どうやら松本御大のチャチャが入ったようですね。
    どう見てもハーロック世代交代…な演出なのに別にハーロックもそのまま館長やってるという。

    なんか急に変えろって言われたんで、演出プランが前のままハーロックだけ残っちゃったみたいな
    ちぐはぐな印象になっちゃってました。

    いや、俺も入れ替わって欲しくないとは思ったけどさー。
    多分口出すならもっと前の段階、ってのがあったんじゃないかなー。

  • 画の美しさや技術力の高さはもちろん評価に値する作品ですが、如何せん、物語自体が力不足なのは残念なところ…昔からだけどね~
    物語自体の問題じゃぁいくら綺麗でも技術的に素晴らしくても生き残っていけないよねぇ~ハーロックにしろエメラルダスにしろキャラクターはカッコいいのにねぇ・・・

  • まずまず。CG凄い。ただそれだけ。

  • 映画館で観賞。普通に面白い♪CGも凄かった(*´ω`*)

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

キャプテンハーロック DVD通常版はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする