女王蜂の王房 輝夜編

  • PUREWOOL (2014年3月28日発売)
  • Windows
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4520424271085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クリア済み。
    ヒロインの性格はこっちのほうが好みに思えたけど、やってみとどっこいどっこいな感じでした。
    演じてみせる能力が高いだけで、中身は傷ついた普通の女の子だったのですよ、輝夜は。
    (その辺はめのう編でもちらっと見えてたけどね)

    皇樹さんが殴る蹴る、がっつんがっつんヤるので(しかも超ヒステリーで)、
    そういうのがいやな人は無理な作品。
    この人がどういう人なのかは、ルートやればわかります。
    なので二人で灰になっちゃうENDはまあよかったのかもしれません。

    しかし、最後までやっても母上は何がしたかったのかよくわかりません。
    めのうさんの体に入って、長生きしてやるぞ、というのは語ってくれるのでわかるのですが、
    輝夜の扱いがよくわかんない。
    あれか、娘というよりは愛玩動物的な感じなのかな?
    と思えば、母親らしいことを言ったりするので、長生きしすぎて不安定なんかね?

    燐ENDは、どーしようもねえ!笑
    あれはどん底の中の小さな幸せなのかな。
    先がない、どーしようもないENDです。

    虚は、これまた紅玉たまと同じく、期待してないキャラがいいのをかっさらうパターンっすね。
    でも喋りがうざすぎて、あんまり聞いてなかったw

    皇樹に関しては、上で書いたのでいっかなー。
    最後の殺すために追いかける輝夜と、殺されるのをまってる皇樹っていう関係もいいなと。

    18禁乙女ゲーへのハードルががくんと下がった両作品でした。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする