エリジウム [DVD]

監督 : ニール・ブロムカンプ 
出演 : マット・デイモン  ジョディ・フォスター  シャールト・コプリー 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014年2月5日発売)
3.02
  • (7)
  • (36)
  • (95)
  • (33)
  • (7)
本棚登録 : 323
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462087355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第9地区がよかっただけに、やや物足りなかった。大衆向けにし過ぎたのかな。

  • キャッチコピーは「ルンバ、空を飛ぶ」。
    子役がソックリでビックリ。

  • マット・デイモン主演のSFアクション。富裕層と貧困層とに分断された近未来の地球を舞台に、人類の未来のために危険な任務を担うことになった男の運命を描く。共演はジョディ・フォスター。

  • 手榴弾 マット・デイモン 車泥棒 ID

  • 医療の進歩具合に比べてネットのセキュリティとか兵器関係がショボすぎる。パワードスーツでニンジャだとか言いながら気の利いたアクションもなく、機能は馬鹿力だけ。
    ストーリーも似たようなもので、薄い。

  • よくある系SF
    なんかもったいない

  • 『第9地区』を観た人はおそらく物足りなくなるであろう作品。
    割りと王道の映画であるが、監督の色がよく出ていたと思う。私は好き。

    それにしても、この監督は汚く撮るのが上手だなぁと思う。素晴らしい。

  • 借りた後、第9地区の監督と知り、期待が高まる。

    しかしあのスーツ?を体につけられてからは
    ラーメンマンに見えてしまい、かっこよくは見えない。。
    そもそもこのスーツは強くもなるのか曖昧。
    盗人が後半、強すぎな印象。

    第9地区同様、宇宙船の離陸、
    墜落がとてもリアルで目をみはる。

    せっかくの悪いジョディフォスターが主人公とほぼ絡まず。。

    データが世界をかえるってのは緊迫感伝わりづらいな。

  • 第九地区は斬新な設定で面白かったのに
    すっかりハリウッドに牙を抜かれちゃって…。

  • 昨年夏から今年頭にかけてのSF映画まつり、『パシフィック・リム』『エリジウム』『ゼロ・グラビティ』『スノーピアサー』と観るつもりだったんですが、『エリジウム』だけは周りの評判が微妙だったんで劇場では観ませんで、ようやく鑑賞。

    ニール・ブロムカンプ監督は前作を観てわかるとおり日本のSFアニメヲタでして、特に80年代のですね、板野一郎とマクロスが好きだってので笑ったんですけど、たぶんスタジオぬえ周辺~横山宏あたりまで好きなんじゃないかなあと思います。今回もSF3Dのファイアフライ~オペレーションΩをパクったようなシャトルが出る。
    予告を観た時点であーコロニーかと。どんだけ日本のSF好きなんかいと。お話は前作『第9地区』の格差社会(アパルトヘイト)の続きを『スノーピアサー』とか『イーオン・フラックス』みたいな管理社会ものと混ぜた感じ。一番近いのは2012年版『トータル・リコール』かも。

    今回ダメなのはとにかくツッコみどころが多い点。パワードスーツでそんなに強くなるんなら最初っから敵側にも全員着せとけやとw
    序盤も地上からのミサイル攻撃とかなんだか色々無茶苦茶な点が多すぎました。話も大して面白くないし。
    前作はエイリアンものだったんで、SF考証のハードルが下がって気にならないんでよかったんですけど、今回はハードSFではよくあるような話、ハードSF寄りな内容だったんでアカンかったですね。
    マット・デイモンの子ども時代の子役が激似だったとこはおもしろかったです。

全57件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

エリジウム [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする