42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

監督 : ブライアン・ヘルゲランド 
出演 : チャドウィック・ボーズマン  ハリソン・フォード  二コール・ベハーリー  クリストファー・メローニ  アンドレ・ホランド 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2014年4月15日発売)
3.73
  • (17)
  • (32)
  • (30)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :155
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967068153

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1900年以降の近代メジャーリーグで初の黒人
    選手ジャッキー・ロビンソンの苦悩と活躍を
    描いた奇跡の実話です。
    1947年、ドジャースオーナーのリッキーと
    メジャー契約を結んだロビンソン。 
    彼は遠征先では宿泊拒否され白人専用のトイレ
    も使わせてもらえず、試合中でも相手チームや
    観客の差別発見、審判の手心など敵は多い。
    でもロビンソンはそんな現実を正面から受け止
    め、どんなに屈辱されても怒りを抑え続ける。
    背番号42を付け好プレーを続ける彼の姿に社
    会も徐々に変化していきます。
    周囲からの差別に耐え続けたロビンソンの姿に
    感動したドラマです。
    オススメしたい作品のひとつです。

  • ジャッキー・ロビンソンという人を初めて知った。彼の偉業を讃えた映画だが、彼を見いだし、支え続けたリッキーの勇気とブレない決断に感動した!
    1945年、今からわずか70年前のこと。白人は、黒人を差別し迫害しながら、いつの間にか黒人を強くしていったんだね。

  • 黒人メジャーリーガー1号となった
    背番号「42」ジャッキー・ロビンソンの伝記。

    差別を乗り越えてなどという
    生易しいものではなかったであろう
    彼の戦いもさることながら
    きっとキレイ事だけではなかったであろうが
    彼を引き入れたドジャースのリッキー会長の思いの
    先見性というか執念というかが凄い。

    生々しい争いごとがそこにはあったであろうが
    この映画ではそのあたり、サラリとさせてある。

    事実の凄みより、この歴史をより多くの人へ届けたいという
    さじ加減が働いたように思う。

    現在、4月に全メジャーリーガーが同じ「42」の背番号を
    つけてプレイをする意味も
    この番号が全球団の永久欠番という理由もわかる。

    それにしてもハリソン・フォードは年をとったなぁ。

  • 実話を基にしたヒューマンドラマ。
    人種差別が激しかった1947年、ブルックリン・ドジャースのGM・リッキーは、ニグロリーグでプレーしていたジャッキー・ロビンソンを黒人初のメジャーリーガーとしてチームに迎え入れる事を決めた。
    しかし彼は他球団はもちろん、チームメイトからも差別を受け孤立する事に・・・
    といったプロローグ。

    結構トントン拍子。
    思った程の酷い差別ではなかった。
    実際は観客からのブーイングも毎試合凄かったのだろうが、いかんせん試合シーンが若干少なめ。
    差別よりも美しいシーンが目立ちます。
    結局、悪者は試合中に一番ヤジを飛ばしていた相手チームの監督だけみたいな…
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 野球映画にはずれなし!

  • 黒人初のメジャーリーガの物語。チームオーナが素晴らしいです。

  • 圧倒的な変革をもたらす渦中の人物の苦闘と力強さをしっかり描いているといいたいんだけど、どうも映画としては迫力不足…ちゅう感じですね。監督が悪いのかな…物語の筋から言ってももっともっと感動してもいいはずの物語なんだけどなぁ~

  • 実話を基にした話。
    実力は変わらないのに、黒人というだけで、迫害される理不尽さ。その理不尽に立ち向かった選手ジャッキーロビンソンとオナーリッチー。
    かなり汚い言葉がジャッキーに向けられるが、多分、実際は、もっとえげつない言葉を浴びせられたのだろうとは想像がつく。
    そんな言葉を浴びせられ続けながら、キレずに、そして心を平静に保つことは常人ではできないこと。
    日本人であれば、じゃっぷとかイエローモンキーとか言われ続けながら100%のプレーをしなければならない。
    自分なら心が折れる・・・。
    今なお差別が残る民主主義国家アメリカ。闇は深いんですね。
    それにしても、ハリソンフォードなのか?と何度も確認してしまいました。

  • 時代を変えた彼。
    不屈の精神で。

    黒人であるが故に認めてもらいない現実。
    誹謗中傷。
    脅迫。
    彼等が一体何をしたの?と言いたくなる。
    人種問題を観る度に、胸が締め付けられる。
    頑張っている彼等の思いが踏みにじられ。
    当たり前の生活さえも送れない現実。
    ひっそりと、まるで身を隠すかの様に生きる彼等。

    それでも、仲間の為にチームの為に、家族の為に。
    そして何より同じ黒人の彼等の希望となる為に、プレーをし成績を出す事で負けない強さを持ち続ける彼。

    耐える事ではなく。
    自分のプレーに集中した彼の精神力の強さ。
    そして、彼を信じ支えた人々の熱い思い。
    時代を変えたあの日々は、色褪せることなく。
    これからも受け継がれている事を知りました。

  • アフリカ系のアメリカ人。ジャッキー•ロビンソンはアメリカのメジャーリーグ初の黒人選手。
    戦後のメジャーリーグでは人種差別が根深く残っていたが、現在ではそのようなことはない。
    それも彼が奮闘してきたからこそ。そんな史実に忠実な映画でした。

    野球に興味ある人に是非お勧め。彼を採用した球団オーナー役を演じるハリソン•フォードがまた渋い。

全29件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする