メビウス [DVD]

監督 : エリック・ロシャン 
出演 : ジャン・デュジャルダン  セシル・ドゥ・フランス  ティム・ロス  ジョン・リンチ  ウラジミール・メニショフ 
  • 東宝 (2014年2月21日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104083425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • /❤/ 大人のラブシーン \❤\






     「アーティスト」で主演男優賞に輝いたJ・デュジャルダンが、ここではがらりと変わった寡黙な諜報員に扮していますが、大人の男の魅力を最大限に見せてくれています。   


     女優として今いちばん乗っている時期にあると思われるセシル・ドゥ・フランス。 彼女もまたその女性美をデュジャルダンの共演で、ひときわ輝かせており素敵です。   

     個人的に大好きなティム・ロスは小柄な体を感じさせない、圧倒的な存在感を本作の演技でも誇示していますが。 J・デュジャルダンとセシル・ドゥ・フランス。
    この二人のラブシーンの前では、それも些か鈍めの輝きに留まっていたような。   


     ヘッドホンにて観賞したのですが、セシル扮するアリスがモイズ(デュジャルダン)とのベッドシーンで洩らす静かなれど激しい想いを秘めた妖艶な声と、アリスの声を聞き、彼女の表情を見つめるモイズの瞳の演技が素晴らしく、魅かれました。  


     〝これぞまさしく大人のラブシーン〟 

     観ていて思わずうっとりです。 
    個人的ではありますが《映画の名(美)ラブシーン》にランキングさせたいほどの作品になりました。   


    ☆「腕を置いて行って…」
    ☆「その唇も、置いて行って…」


     抱きしめてくれた腕を、抱かれた腕が覚えていたなんて・・・  こんな恋、してみたいですねぇ~~☆     


     最後になりましたが、タイトルの「メビウス」が示しているもの、やはり「そこ」を言いたかったのか・・・


     納得の逸品です。

  • WOWOWで。スパイ活動が複雑で関係を見失いがちだったが、ラスト近くでメビウスの帯について説明された通り概ね理解出来ていると思う。大人の恋は見応えがあったが、悲しい終わり方にため息。回復を祈る。

  • 1:43

  • すぱい…

  • もう若くはない美男美女のラブストーリーは、演技力もあって、とても魅せられました。「腕を残して」というセリフがいいですね。それにしても、リーマンショックはCIAが仕掛けたの?どうして?大物実業家を破滅させるロシアのミッションは成功ですよね。CIAはなぜドヤ顔なんですか?どうもスパイものはややこしくて苦手です。功績ある彼女を守れないCIAはお粗末でした。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする