お金が教えてくれること [Kindle]

著者 :
  • 大和書房
4.00
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・お金で時間を買う事もできる、事業を買うの試行錯誤の時間を買っている。
    ・ものより体験にお金を使う
    ・経営者は搾取するのが当たり前。自分で何かを始めるか、契約と割りきって淡々と仕事するかだ。文句を言うのは何もしていないに等しい。
    ・逆境こそアイデアの宝庫。やらない理由を考えない。クリエイティブ合気道、箭内道彦。予算と納期が足りないなら余白沢山のADを作るとか、プログラムできないならアナログなサービス考えるとか。
    ・Wiiは当時XBoxやPSと比べてスペックは低いが低いが見せ方(AD)や遊び方の提案でヒット。

  • お金の本というより働き方の指南書。氏が20代を創業して、その後会社を去り、現在は複数の事業の経営に携わる経験から1つの仕事に執着することのリスク、会社や他の誰かに収入を依存するリスクを説いています。誰にでも真似できる働き方ではありませんが、今後の日本の雇用を考えると氏の言っている『個人で稼げない奴は食いっぱぐれる』は当たっていると思います。半日あればサラッと読了できる文体と内容です。

  • 人はこんなにも簡単に億単位のお金を使えるのかという衝撃を受けた本でもあり、お金に対する考え方について勉強になった。

    ホリエモンと同じでとにかく思考をとめないというのは仕事でもプライベートでも成長するにあたって非常に重要なことだと思った。

    考え方にかなり違いはあるけど、成功と挫折にはマニュアルがないことを実感した。

全4件中 1 - 4件を表示

お金が教えてくれることのその他の作品

家入一真の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする