コミュニケイションのレッスン [Kindle]

著者 :
  • 大和書房
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろと思うことがあり、購入。
    珍しくKindle版で。
    趣味以外の本はKindleでいいかな、もう。

    実践的で、とても勉強になりました。
    何となく考えていた事が体系化された感じ。
    コミュニケーションに関しては本当に問題があり、
    いい大人なのに情けない…、と常日頃落ち込んでいる現状。
    観察・分析はするんだけど、生活に応用できない。
    その二者を繋ぐためのヒントとしてとても有効そうです。

    心が折れそうになったら再読します。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手がける。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞、1992年『天使は瞳を閉じて』でゴールデン・アロー賞、1994年『スナフキンの手紙』で第39回岸田國士戯曲賞、2009年「虚構の劇団」旗揚げ三部作『グローブ・ジャングル』で読売文学賞戯曲賞を受賞する。2001年、劇団「第三舞台」は2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』
を上演。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。また、演劇公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、脚本家としても幅広く活動。近著に、『朝日のような夕日をつれて[21世紀版]』『ベター・ハーフ』『イントレランスの祭/ホーボーズ・ソング』(以上、論創社)、『ロンドン・デイズ』(小学館文庫)、『青空に飛ぶ』(講談社)、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書) など。

「2018年 『サバイバーズ・ギルト&シェイム-もうひとつの地球の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コミュニケイションのレッスンのその他の作品

鴻上尚史の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

コミュニケイションのレッスンを本棚に登録しているひと

ツイートする