トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 [Kindle]

著者 :
  • 小学館
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 徳田虎雄、徳洲会。この本を読むまでは、ダーティなイメージしかなかった。読み終わってもダーティなイメージが変わるわけではない。が、「ダーティ」であることの意味がわかる。

  • なにかと話題の徳洲会会長、徳田虎雄氏の猪突猛進的な生き方、壮大な夢、動くのは眼球のみだが決して諦めない姿勢は衝撃だった。

  • 青木理 元共同通信

    徳田虎雄 離島 弟が病気 医師に往診を頼むが、着いたのは死後 これがきっかけ
    阪大医学部二浪で入学

    湘南鎌倉総合病院
    葉山ハートセンター
    千葉西総合病院

    徳田の秘書 能宗克行 徳田親族が切る スキャンダルへ

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1966年生まれ。著書『日本会議の正体』『安倍三代』『抵抗の拠点から』など多数

トラオ 徳田虎雄 不随の病院王のその他の作品

青木理の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする