ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~ (光文社新書) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
3.85
  • (40)
  • (60)
  • (50)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 766
感想 : 65
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (238ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ファイナンスの範囲を大まかに理解できた。会計とは違うなぁ

  • 基本的なことから混み入ったややこしいところまで、例えなど入れて説明しているので初心者でも分かりやすい。
    中小企業の社長がここまできっちりとファイナンスの知識を踏まえて経営しているか不安になる。

  • ファイナンスの基本を理解するのに役立った。新しい視点も得られて満足。

  • タイトルにうそはない。たしかに、ファイナンスを学ぶ上ではトップクラスに分かりやすい部類に入る、いい本なのだろう。なにより、キーワードを耳にたこができるくらい何回も繰り返したり、ちょっと間隔があくと再度用語を説明してくれたりする丁寧さには頭が下がる。とはいえ、やっぱりファイナンスにちょっと興味があって勉強したいくらいの好奇心では、すべてを完璧に理解することは難しく、途中から眠くなってしまうのもまた事実である。「わかりやすい」という言葉の限界と前提条件を思わず考える一冊だった。

  • タイトル通り、ざっくりわかるのでいいです。ただ、なかなか中身が頭に入りきらず、教科書的に引き出してみています。

  • タイトル通りざっくりわかり、深くはわからない。専門用語のわかりやすさは抜群

  • ファイナンスでオススメの本としてよく紹介されているため読んでみましたが、現在価値やCAPM、MM理論、PL /BSなど、証券アナリストの資格を持っているため、目新しいことは何もなかったです。

    ファイナンスを広く浅く知るなら良い本かもしれません。

  • WACC、ROIC、EVAスプレッド、現在価値、将来価値→ざっくり分かる!頭良くなったか??
    成長型永久債の現在価値の計算式、企業価値の計算式、IRR法、自社株取得→ざっくり分からない!自分頭良くなってなかった!

  • 経営者がファイナンスを用いてどのように意思決定をしているか、そのプロセスを簡単に説明しています。
    ファイナンスの知識が一切ない私にも、一連のプロセスが理解できました。ファイナンス初心者にも自信を持っておすすめできる一冊です。

    「ファイナンスとは、ひと言で言うと、「企業価値の最大化」をかはるための意思決定に役立つツール(道具)。」コーポレートファイナンスとは、「投資に関する意思決定(投資の決定)と、その投資に必要な資金調達に関する意思決定(資金の調達)と、そして運用して得たお金をどう配分するかという意思決定(配当政策)、これら三つの意思決定にかかわるもの。」

    この2つのポイントが個人的にこの本のエッセンスだと思います。
    もっとファイナンスを勉強したいと思いました。

  • 2020年9月①

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1991年上智大学理工学部卒業後、旧三菱銀行に入行。9年間勤務した後に退職後、米国インディアナ大学ケリースクール・オブ・ビジネス(MBA課程)修了。帰国後、日産自動車株式会社に入社。財務部にてキャッシュマネジメント、リスクマネジメント業務を担当。2007年より旧ブーズ・アレン・ハミルトン(現:PwCコンサルティング)にて企業戦略立案、実行支援等に携わる。2009年に同社を退職後、コンサルティング会社である株式会社オントラックを設立し、企業の投資判断基準、撤退ルールの策定支援、財務モデリングの構築、トレーニングを実施している。
著書に『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)、『ざっくり分かるファイナンス』(光文社新書)等がある。

「2021年 『実況!ビジネス力養成講義 ファイナンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石野雄一の作品

ツイートする
×