読書の腕前 (光文社新書) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
3.32
  • (3)
  • (13)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 105
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (286ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書について、著者の経験と考え方を述べる。次に読む本に参考になる。

  • 著者と世代が違うせいか、紹介されている作家をほとんど知らなかった。好きな作家は谷川俊太郎ぐらいで、他は興味が持てなかった。

  • ここでいう「腕前」ってなんでしたっけ。

  • 前半は読書好きの人向けの、本を読むことに関するエッセイ。なかなか楽しく読めた。後半は文学に関する内容が多かったかな。結構、本格的な内容ながら、読みやすいのも良かった。

  • 中盤からの作者自伝は興味なくつらかった。ブックオフの功罪、活用法について言及している点はあるあるとして楽しめる。

    飯島 耕一 ゴヤのファースト・ネームは―詩集

    堀 辰雄 晩夏

    内田 繁 椅子の時代

    購入

  • 本は受け身では入ってこない。もっと本を読んでいこう。

  • 映画好きと小説好きを戦わせたい。

  • 本への溢れんばかりの愛情。
    日本文学への読書案内としても。

    詩は別腹、はなんとなく納得。

  • 自分の読書量がいかに少ないかを感じさせる一冊だった。まだまだ面白そうな本はたくさんあるのだ。死ぬまでにどのくらい読めるのだろうか。

  • 昨年の夏に文庫で読んだので、三度目の読書。感想は同じ。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年大阪府生まれ。立命館大学卒業後、高校の国語講師を経て上京。出版社勤務の後、フリーライターとなる。書評を中心に各紙誌に執筆。「文庫王」「均一小僧」「神保町ライター」などの異名でも知られる。『女子の古本屋』『上京する文學』(筑摩書房)、など著書多数。野呂邦暢作品では『夕暮の緑の光』(みすず書房)の編集も担当した。

「2021年 『愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎武志の作品

ツイートする
×