肖像画で読み解く イギリス王室の物語 (光文社新書) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (16ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私は紙の本で読みました。今は電子書籍のみ?
    中野京子さん著ではありません。
    英国王室といえば・・・、の君塚先生の著作です。
    国王や女王の肖像画を取り上げ、描かれた表情や服装の意味が解説されます。その治世や周囲の関係者のエピソード満載で、楽しめます。

  • 同名が多いにもかかわらずニックネームまで使うので中野先生よりわかり辛い
    せめて系図に記載してくれればなぁ
    日本との関連に触れているほか、ダイアナ妃まで記述している点が中野先生との違いか

  • 電子版で再読。
    読みやすかったです。
    本書が書かれた時代までの王室がカバーされてるので、今更人に聞けない現代イギリス王室の事情まで知れるのが良かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

2022年4月現在
関東学院大学国際文化学部教授

「2022年 『ハンドブックヨーロッパ外交史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

君塚直隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×