悪魔のサイクル 2013年新装版 大前研一BOOKS (大前研一books(NextPublishing)) [Kindle]

著者 :
  • good.book
3.64
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (172ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よりかかり体質を元にした悪魔のサイクル。
    40年も前の本だが色あせていない。というか、この時から日本の本質は変われていない。
    鋭いがゆえに現実が辛すぎる。

  • 納得して理解できるところもあれば、全く意味が分からないところもある。
    でも初版から15年以上経った今読んでみて、今の日本がこうなることをある程度予想していた人なんだろうと思った。

  • 「師を「敬う」ということと、「ただ単に師であるという理由で敬わなくてはならぬ」ということの間には、少なくとも私自身の心の中には大きな隔たりがあった。」

    大前研一氏が、昔に書いた本。
    ”よりかかり”体質については現在の日本でも強くみられる。それが責任の所在を不確かにさせ、無限責任に変貌している。自立するのではなく、共依存。自分たちの文化に染まらないものは排除。それは今も昔も変わらない。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。(株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。 以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。現在はビジネス・ブレークスルー大学学長を務めるとともに、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。

悪魔のサイクル 2013年新装版 大前研一BOOKS (大前研一books(NextPublishing))のその他の作品

大前研一の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする