レッドゾーン(下) (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.19
  • (9)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (249ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国と米国と日本の政治がかかわってくるストーリーが印象に残った。

  • 鍛造とは金属に圧力を加える技術で、金属内部にある微細な隙間を潰し、強度を高める金属加工を言う。

    鄧の「先に豊かになれる人から豊かになれ」という先富論が、金科玉条のようにもてはやされ、二一世紀の到来とともに中国は経済大国へと変貌した。

  • 鷲津さんのメガディールがついに決着。国家まで動かしたメガディールは、現実味があまりないが、いろいろな意味で決着がついたのは良かった。ディールや取引の内容が複雑すぎて、ついていけないところもあった。

  • 相変わらずハゲタカシリーズは最高。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

レッドゾーン(下) (講談社文庫)のその他の作品

真山仁の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする