百鬼夜行抄(22) (Nemuki+コミックス) [Kindle]

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おばあちゃんはやっぱり山だしの田舎娘なところが残っていて。おじいちゃんも死んだにも関わらず目が離せないようで。ちょっと微笑ましい気分になった。「皆大差ないよ。飯嶋家の人間は普通じゃない物が見えてるくせに自分と違う物を見る人の事が怖いんだ。皆それぞれ自分が一番か弱い存在で、一番恐怖を抱えていると思ってる」律の言わんとすることは正論に近いんだが。律に言われて腹をたてる司の気持ちが複雑。

  • 面白かった!開さんが少し大人しくなったよーな?

  • 一度読みではあまり頭に入ってこない。あと、登場人物が増えて新刊までも間があるから、どういう状況だったか覚えてないのもあったり。

全3件中 1 - 3件を表示

百鬼夜行抄(22) (Nemuki+コミックス)のその他の作品

今市子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

百鬼夜行抄(22) (Nemuki+コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする