冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解く [Kindle]

  • SBクリエイティブ
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (245ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジム・ロジャーズの本は「商品の時代」以来久々。相変わらず自信満々なスタイルで、まさに歯に衣着せぬ確信に満ちた発言目立つが、それでも読み手を掴んで飽きさせない魅力は健在である。
    またその大局観は、極めて的を得ているが、問題は彼も認めるように「それがいつ起こるかがわからない」事であることである。持続性がないものはいつかは市場から追い出される運命にあるのだろうが、その「いつか」がひたすら難しい。

    本著では彼の自伝的な部分と、また米国をはじめとした先進国の没落と、対象的な未来があるであろう今後のアジアへの熱い思い、また二人の娘さんへの彼の教育論について語っている。(教育についてはジムも珍しく自信がない事も垣間見れる。)
    一つ一つは面白い話ではあるが、テーマが多岐に及びすぎており読み終えてみると、はて何の本であったかと首をかしげる一面もある。

    以下日本についての彼の考察引用。
    「日本政府の予測によると、50年後、この国の40%が65歳以上となるらしい。問題をさらに難しくしているのが日本人の島国根性だ。日本の外国人嫌いは世界屈指である。日本には「非常に根深い」人種差別があると国連も2005年に報告している。この国は第二案にもいかなければ、すすんで移民を受け入れようともしていない。」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1942年米国アラバマ州出身の世界的投資家。
イェール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立し、10年で4200%という驚異的なリターンを叩き出す。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論を教えるなど活躍。2007年に「アジアの世紀」の到来に予測して家族でシンガポールに移住し、その後も数多くの投資活動と講演をおこなう。
主要著書に『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 』『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』(以上、日経ビジネス人文庫)、『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』(プレジデント社)、『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』(PHP新書)がある。

「2019年 『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジム・ロジャーズの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート 市場の英知で時代を読み解くを本棚に登録しているひと

ツイートする