鼻/外套/査察官 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 光文社
3.38
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 36
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (275ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本編読了 なぜ落語調?

  • 『鼻』ってカフカが同じお題で書いたら実存チックになるんだろうけど、ここはロシアだヴォトカでも飲めや。

  • 解説でも言及がありましたが、ゴーゴリの一見真面目さの中に支離滅裂さ、愉快さというのは読んでいて面白いです。査察官のラストは思わず声を上げて笑ってしまいました。これで風刺的であると批判を受けて驚いたらしいゴーゴリ?にこっちが驚きです。あと本書の場合、訳文が落語調なので癖があるかもしれません。

  • 読了。落語風に翻訳してあるんだけど、内容も完全に落語だった。一番落語だったのは「鼻」で(蛇足ながら先にショスタコーヴィチのオペラを知っていて、原作を読んでみようと思ったのだ)、鼻が服を着て歩いているシーンなど、想像するだに笑ってしまう「頭山」的なシュールさがある。と思って読んでいたら、訳者あとがきに、まさに「頭山」に似てるということが書いてあった。日本人ならだれでも共通の想起をする話なのだろう。そして、これも光文社のシリーズだけあって非常に読みやすい翻訳だった。

全4件中 1 - 4件を表示

ゴーゴリの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×