赤と黒(上) (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 光文社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (326ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 七月革命前夜のフランスを舞台に木こりの家に生まれたジュリアン・ソレルが立身出世を目指し挫折する話。上巻は、レナール夫人との恋と神学校での暮らし、パリの大貴族の秘書となるためパリに出立するまで。

    上巻は、主人公のジュリアンがつかみどころがないのと合わせて、話の展開が遅く少し退屈してしまった。

  • ストーリーは面白い。ただ、話の進行速度が速すぎて、時々「あらすじ」を読んでいるような素っ気なさを感じることがあった。個人的には、もっと一つ一つのエピソードを細かく描写する書き方が好み。
    でも話は本当に面白いと思うし、何度か読み返したら評価も変わるかもしれない。

  • 私に至らないところでもあるのか、所々理解しにくい部分があったが、なんとか読了。暴走しつつあるジュリヤンが下巻でどうなるのか楽しみである。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

スタンダール(本名アンリ―・ヘール)は、フランス革命からはじまるフランスの歴史的な激動時代を生き抜いた、フランスの代表的な作家。著書に「赤と黒」「パルムの僧院」「恋愛論」など。

「2016年 『ディズニープリンセス 「恋愛論」 Disney Princess Theory of Love』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタンダールの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする