アンナ・カレーニナ 1 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 光文社
4.13
  • (6)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 128
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (12ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • トルストイの大作。あまり小説は読まないのだが、野口悠紀雄氏の『だから古典は面白い』の中で紹介されていた一冊であり、とりあえず手に取ってみた。
    面白い。登場人物ひとりひとりの心の動きの描写は、もちろん素晴らしいのだが、背景となっている帝政ロシアの貴族社会がどういうものであったのか、その生活様式や習慣、生活環境などが、よくわかるように詳しく描写されており、興味深い。都会と農村の生活の違いや、自然環境、貴族と労働者との関係など、新たな発見が多かった。かなりの分量ではあるが、話に引き込まれるため、どんどん読み進められる。翻訳も良く、読みやすい。

    「(リョービン(農村地主貴族))田舎の人間は、自分の手を働きやすい状態にしておこうと努めている。だから爪もちゃんと切るし、時には腕まくりだってする。でもこの都会の人間たちはわざわざ爪を伸ばせるだけ伸ばして、皿のようにでっかいカフスボタンまではめて、もはや手では何ひとつできないようにしている」p93
    「「恋愛結婚ですって? なんて古めかしい考え方でしょう。第一、いまどき恋愛なんていう言葉を使う人がいますかしら?」公爵夫人が言った。「仕方ないでしょう。そうした愚かな旧習も、まだまだ廃れてはいないのですから」」p345

  • ロシア古典読破に幾度かチャレンジしたがすべて挫折。ただこれなら最後まで進められそう。

  • 貴族階級とその階級におさまりたくない人たちの交流は少し想像しにくい。恋愛だったり不倫だったりも、階級の話の上で成り立っているので、あまり共感ができない。

  • 美人が本当に美人らしく、ゴージャスで洗練されている!というのが、読んでてストレートに伝わってくるのが魅力。

  • 高尚な文学作品を覚悟して読み始めたら、不倫の話だった。19世紀ロシア貴族の不倫の話。なのだけど、現代と何にも変わらないんだなぁと思わされたり。登場人物の心の機微がとてもよく描かれていてリアル。よく観察してるなぁ。アンナとヴロンスキー、リョーヴィンとキティの対比がまぶしい。死と生の対比。明確な意思を持って死に向かうファムファタル・アンナはいかにもこの時代の小説の女主人公だった。

  • 大学2年の冬に読んだけど、すごいハマった。天才的に面白い

  • この時代のロシアの貴族達っておもしろいなぁ

  • ロシア貴族の、社交界の話はよくわからないけれど、描かれているのは現代でも通じる人間たちのドラマ。結婚後も美しいアンナは、平穏ではいられないのかも。とにかく次を読みます。

  • 第1部と第2部を収録。全体の感想は4巻に書くつもりだが、ここでは最初の印象を少し。何と言っても、人物描写が素晴らしく、ストーリーも緻密に構成されているのが冒頭から伝わってきた。今まで本書を手に取らなかったことを少し悔やんだぐらい、作品の世界に引き込まれた。第1巻では、アンナとヴロンスキーの出会い、リョービンとキティそれぞれの失恋、アンナの夫への告白、キティのドイツへの療養までを扱う。ヴロンスキーの競馬の話は、登場人物の思いが重なり、アンナの夫への告白という流れまでが綺麗だった。巻末の読書ガイドは、19世紀半ばのロシアの貴族制、都市や農村といった社会の時代背景で興味深かった。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八二八年生まれ。一九一〇年没。一九世紀ロシア文学を代表する作家。「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」等の長編小説を発表。道徳的人道主義を説き、日本文学にも武者小路実らを通して多大な影響を与える。

「2004年 『新版 人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トルストイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
アーサー C ク...
リチャード・ドー...
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アンナ・カレーニナ 1 (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×