イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 光文社
4.14
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (256ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分は死を恐れていない、誰もが必ず死ぬ運命にあって自分もその例外ではない、と考えている人の中で、本当にその危機に瀕したとき死を受け入れられる人はどれほどいるんだろうか
    死にゆく人を目の前にして、明日は我が身と思う人はどれほどいるのか
    自分がもし今ここでコロナに罹ったらこんな風に死んでいくのかもしれないと思った
    面白かった!

  • 裁判所内にイワン・イリイチの死の知らせ。2章からはイワン・イリイチが死ぬまでの回顧録。妻との関係は最悪。なぜだかわからないけれど最悪なのだ。お互いに殺し合っているよう。自分のしてきたことが全て間違いだったのでは・・・痛み、恐怖、孤独・・・(イワン・イリイチの死)
    妻は長期の売春婦・・・、ゆがんだ思想を持った男になにかしらどこかしら共感しながらも、絶対的に、違う、とも思う。

  • 文豪の人間観察力、社会を見る目に圧倒される。
    皮肉に、戯画的に書かれる生と死、男女が
    現実の一面を鋭く抉っている。

    特に「クロイツェル」は、
    列車内の会話からラストまで、
    引きつけられた。
    小説としても、けっして古びていない。

  • 後期トルストイっぽい、えぐい感じ

  • イワンイリイチの死を読了。
    死から始まり死で終わる。イワンの境遇に共感は覚えないが彼の死に対する恐怖や不安は何故か吸い込まれるように共感出来る。自分はどこまでも特別であるがそれは普遍である証明にも繋がる。
    共感出来ると書いたが、どこか滑稽で哀れな彼の死を他人事として見ている自分がまさしく序盤の葬式のシーンを彷彿させる。
    死生観について考える機会があるなら読んでおきたい一冊。

  • 『ド嬢曰く。』3巻を読んで読みたくなった2冊のうちの1冊。初トルストイ。

    新訳だからってのもあるんだろうけど読みやすく、「予審判事」が出てくるところとか貴族的な発言の諸々とかロシア文学読んでる感も多いに楽しめて、題材はどっちも重いどころじゃない(どっちも人の死の話で、家庭生活のどうしようもなさの話でもあり)のにぐいっと一気に読んでしまった。

    あとそろそろ気付いてきたけど、分厚い文学読むには、紙の本持ち歩くの面倒なので、ちょっとした空き時間でも開けるKindleはかなり向いているな。本棚に置いて威嚇に使えないのは残念だけど・・・

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一八二八年生まれ。一九一〇年没。一九世紀ロシア文学を代表する作家。「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」等の長編小説を発表。道徳的人道主義を説き、日本文学にも武者小路実らを通して多大な影響を与える。

「2004年 『新版 人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トルストイの作品

ツイートする
×