地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]

監督 : 園子温 
出演 : 國村隼  二階堂ふみ  友近  長谷川博己  星野源 
  • キングレコード (2014年3月12日発売)
3.57
  • (86)
  • (156)
  • (144)
  • (45)
  • (14)
本棚登録 : 912
レビュー : 193
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003824785

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 常に過激な問題堤起を続ける園子温監督が一転
    し、映画愛に満ちた演出で撮ったコメディ作。
    ヤクザの組長が出所間近の妻を喜ばせるために
    愛娘主役の映画を作ることにします。
    かくして敵対する暴力団や狂気の自主映画集団
    を巻き込んだ、トンデモ撮影が始まります。
    全編、血みどろながらユーモラスで、それぞれ
    のキャラクターの本気っぷりが愛おしくなる疾
    走感あふれる一作です。
    堤真一は不気味なほど純情なヤクザ役で笑わせ
    二階堂ふみは従来のイメージを一新する過激な
    ギャルを、そして長谷川博己は周りがみえない
    自主映画作家にそれぞれ扮していて意外に笑え
    る内容の映画でした。

  • メタとか邦画へのメッセージ性とか色々あるけど、
    ごちゃごちゃ言わずにこのテンションを楽しんだ者勝ちでしょう。
    座って画面を観ているだけで違う世界にトリップできるのが映画の楽しさです。

    二階堂ふみちゃんが美しくてかっこよくてますます虜になりました。
    長谷川博己さんもいい感じに気持ち悪くて、
    この映画で一気に好きになった。

  • いやぁ~名曲だわ!

    https://www.youtube.com/watch?v=viU4P_XG_eA

    堤真一さんがにやけながらこの歌を口ずさむのを見ながらいかがなものかと思っていたのですが、ガガガ歯磨きは31種類のフレーバーが存在するんですね。俺はパンプキンプリンがいいなぁ~。

    最近の堤さんコメディが多いなぁ~と思いつつもお決まりのパターンばかりの役者さんなんかよりはずっと面白い。

    「地獄でなぜ悪い」
    https://www.youtube.com/watch?v=VvHQsCgFokQ

    「四十九日のレシピ」で存在感を十分に出していた二階堂ふみさんの凄さを感じたが、今作でも圧倒的じゃないか!旦那である組長に放たれたヒットマンを返り討ちにした妻のために、一粒種の娘を映画女優に!やくざが映画作り。しかも敵対する組との出入りが舞台って……無茶苦茶だwww

    邦画のコメディとしては少し殺しすぎ?食事時や血の弱い方にはお勧めしませんが、俺は好きなコメディ作品ですね!

  • 血まみれの映画なのに、憎しみではなく愛だけが溢れる映画。なんだこれ。
    顔を歪めながらも笑いがこみあげてくる。堤真一の愛らしさ、二階堂ふみのかわいい色気、星野源の気持ち悪さが最高。でもラストシーンの長谷川博己の怪演と、重箱のような作りがふいと別世界へ連れて行ってくれる。
    気持ち悪いのに、気持ちいい。
    うじうじしがちな気持ちにサヨナラできそう。突き進むしかないや。

  • 清々しいくらい血まみれ!
    ウルトラバイオレンスコメディと謳うだけあります。もうほんとそのまんまの映画

    この人間設定でどうやって話進めていくんだろう⁉︎とドキドキしながら観てたんですが、とんでも設定なのに何故かすんなり納得しながら観れます。

    ラストになるにつれ、最高に楽しそうに狂ってるんで
    観てるこっちまでなんか楽しくなってきますね。

    星野源さんの主題歌と、挿入歌の全力歯ぎしりレッツゴーは私の中で名曲になりました。

  • 園子温監督がはっちゃけてる映画。もう、むちゃくちゃ。長谷川さんが演じた映画監督になりたい平田が、映画のためならやくざも怖くないすごい人。見事に演じきってました。とにかくキャストがはまりまくりだし、めちゃくちゃなストーリー、血だらけの結末。爆笑しながら、見てました。どんだけ首が飛ぶん??という映画です。園監督はとにかくグロいのが好きだけど、これもそんな感じでおもろかったです。

  • シリアスものかと思ったら、コメディーでした。
    結構、大物俳優さんが出てるからびっくり。

    まさしく、血みどろ。
    世界観に入るのが難しい。
    源さん主題歌だけが好き。

  • 終始、痛快痛快の狂気の沙汰。物語も、突っ込み役がどこにもいなくて見ていて快感だった。
    各々が最高でありたいと願う刹那的な感情で、まとまっている姿に泣ける。どこか『あの世でまた会おう』の空気を漂わせていて、それもまた泣ける。

    また、鈴木先生の歓喜のシーンがたまらない。

  • 血まみれで真っ赤!人死にまくり、首や手もふっとびまくり。それでも笑える。すごいコメディー。長谷川博己の映画バカ過ぎて人格崩壊なところがぞっとする。あと堤真一の和服姿がとてもよかった。

  • 「謝罪~」からのこれ。
    とにかく最後まで席を立たずに観られるかが、今回最大の挑戦。
    思えば最近「ジャンゴ」も観れたし、いけるぞ、あたし。
    園監督作品は、エグいときはとことんエグいと聴いていたので、
    それでもこれは予告のときから間違いなくおもしろいと思っていたから、
    どうしても劇場で観たかった。

    結果、途中の冷汗ゾーンはあったものの、むしろエンディングは吹き出してしまえるほどに
    わかりやすい演出。むしろそれがよかった。

    とにかくこの作品で、長谷川博己と二階堂ふみちゃんの底なしな可能性を感じずにはいられなかった。
    二階堂ふみちゃんは「ヒミズ」いらいどんどん進化していて、「脳男」を経てさらにパワーアップしている感じ。
    (脳男はまだ観てないが)
    てかとっても艶っぽくなっていて、これからがとっても楽しみ♪恐るべし10代。
    わたしには縁がなくて、今年に入ってようやく「八重の桜」でなじみがでてきた庄之助様は、
    ここでの振り切れ感が爽快!!!
    こんな役もできるんだ!!!
    ただのかっこいいおにいちゃんじゃないんだな!!
    鑑賞後に観た「あさイチ」のプレミアムトークもよかった。

    個人的には病気療養中の星野源ちゃんがいい仕事していて、
    あんなにダメ男しているのに、あんなに血潮が飛び散り、最後はそして誰もいなくなるのに、エンディングでのあの爽快感が出せるのは、源ちゃんの歌う「地獄でなぜ悪い」のおかげか。
    あの曲ですべてがさわやか♪おそるべし、星野源。

    堤真一も持ち味出してるし、友近!!おそるべし!!
    それから以後4作品にておみかけする國村準様。偉大です。

    「希望の国」からのこれ。
    園監督の幅の広さを感じつつ。

    http://onionmovie.jugem.jp/

全193件中 1 - 10件を表示

プロフィール

映画監督・詩人・アーティスト。1961年愛知県豊川市生まれ。17歳で詩人デビューし、「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目される。1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。スカラシップ作品として1990年に制作した『自転車吐息』がベルリン映画祭に正式招待される。1993年には、無意味・無目的・無宗教の運動体「東京ガガガ」を組織し、東京の路上を詩でもってゲリラ的に占拠。東日本大震災の翌年には『ヒミズ』(第68回ヴェネチア国際映画祭で主演二人がマルチェロ・マストロヤンニ賞受賞)、『希望の国』(第37回トロント国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞)を世に問い、世界でも高い評価を得る。2015年には『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』『映画みんな!エスパーだよ!』と年間で4作品を発表。同年7月にはChim↑Pomキュレーションによる初個展「ひそひそ星」を高円寺 Garter@キタコレビルにて開催し、9月にもChim↑Pom発案の「Don't Follow the Wind」展(ワタリウム美術館)にて像インスタレーションを発表。2016年5月に『ひそひそ星』を公開。

地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする