野火(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (13)
  • (11)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 133
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (196ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前から気になっていた作品でした。読んでみると、戦争小説というより、哲学的な感じを受けました。また、戦争というと、敵との争いの内容が多いと思っていましたが、この作品はまったく違いました。極度に腹を空かした日本兵が食糧を求め、死と向き合い、自分が何であるのかが描かれています。

    人間の肉を食べなければ生きていけない世界、戦後のトラウマから逃れられない日常を主人公の主観的な感情で話が進んでいきます。
    今だからこそ、人を食べるなんて・・・と思えますが、戦争をしている世界に正しい、正しくないという分別なんてっと思えてもきます。

    戦争は絶対にしてはいけない。

  • 一行目を読んだ瞬間に、戦場に叩き落とされたような感覚に陥った。まだ掴みきれていない部分が多い。再読必須。

  • 塩はとても大事。
    なんか蛭がおいしそうに思えてきて困る。

  • フィリピンの島での従軍中、肺病で戦争に加われず病院に行けと言われたが、食べ物も少なく受け入れてもらえない。病院の爆撃があり、一人で逃げつづける。
    戦争で同じような悲惨な体験をした人が多かったのかもしれず、戦争は繰り返してはならない。

  •  戦争小説として、その凄絶さは読んでみないとわからないであろう。現代の小中高校生に一読を進めたい。NHK教育でなんとかDe名著で紹介されており購入。小説としてもよくできている。

  • 真っ先に思ったのが、「戦争を美化してはいけないってこういうことか」でした。

    どうして永遠のゼロなどが批判されるのかをガツーンと思い知らされた感じです。
    あまりの陰鬱さと読みにくさで、正直きちんと丁寧に読んだかと言われれば頷きがくはあるのですが、それでも文章から圧倒的に伝わってくる悲惨さ。
    夢も希望も未来もなく、飢えと疑心暗鬼。死がすぐ隣にある場所での人間の滅裂さや意地汚さとか、なんかもう知りたく無いし見たくも無いけど、でも極限こうなるよな…という絶望感。

    本当に理屈抜きで戦争は嫌だと思い知らされる。


    ※新潮文庫ではなく『日本文学全集(集英社)』で読んだ

  • 戦争末期のレイテ島に取り残された、ひとりの日本兵の記録。「戦争を知らない人間は、半分は子供である」。人間が、獣ですらない、異形のものになる瞬間が克明に描かれます。

  • 記憶のなかの臭いや熱を指先からじわりと吸い取ってしまった。狂うことでしか生き延びられなかったその時代の感触をわずかでも感じ取ることができたのなら、それを感じ続けることがこの作品に価値を与えることなのだと思う。

  • よくわからない小説だった。
    解説もよくわからん。

    高校のとき、
    高校の図書館で レイテ戦記 を借りて読んだが、
    レイテ戦記は難しくなかった。

    英霊の御霊に哀悼の誠を捧げます。

  • いつか読まねばと思ってた大岡昇平「野火」 読了。
    戦争末期のレイテ島に取り残された日本兵の記録。
    淡々と平易に情景と内面を描写してるのに時々ガツンと揺さぶられる。
    戦後世代には書けないであろう極限状況が新鮮だった。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大岡昇平

明治四十二年(一九〇九)東京牛込に生まれる。成城高校を経て京大文学部仏文科に入学。成城時代、東大生の小林秀雄にフランス語の個人指導を受け、中原中也、河上徹太郎らを知る。昭和七年京大卒業後、スタンダールの翻訳、文芸批評を試みる。昭和十九年三月召集の後、フィリピン、ミンドロ島に派遣され、二十年一月米軍の俘虜となり、十二月復員。昭和二十三年『俘虜記』を「文学界」に発表。以後『武蔵野夫人』『野火』(読売文学賞)『花影』(新潮社文学賞)『将門記』『中原中也』(野間文芸賞)『歴史小説の問題』『事件』(日本推理作家協会賞)『雲の肖像』等を発表、この間、昭和四十七年『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞した。昭和六十三年(一九八八)死去。

「2019年 『成城だよりⅢ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡昇平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
フランツ・カフカ
ヴィクトール・E...
ドストエフスキー
ベルンハルト シ...
夏目漱石
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×