生きていてもいいかしら日記 [Kindle]

著者 :
  • 毎日新聞社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (209ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何というか、「こんなぐうたら生活許されるの?(半分うらやましい)」という本です。一生懸命生きよう、がんばろうとする人ほど、悩みとか息苦しさを感じがちになると思うんだけど、この“体脂肪率40%越えの、昼間っから酒をかっくらうおばちゃん”の日常に触れることで、「ああ、こんなだらけた生き方、ありなんだぁ」と、少し勇気づけられるかもしれません。結構笑える内容が多いので、電車の中など、人前で読むときには注意が必要です。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    40代、独身。好きなもの、昼酒。座右の銘は「好奇心は身を滅ぼす」。“いいとこなし”に見えるけれど、なぜかおかしいキミコの日々。「結婚しないの?」と聞かれた時の答え方、圧力鍋との15年戦争、父のゴミ分別の不可解なルール、朝はなぜ眠いかについての考察など、日常の出来事に無駄な妄想で切り込んでいく。読んでも何の役にも立たないけれど、思わず笑いがこみあげて、不思議と元気が出てくるエッセイ集。

    笑えないけど面白いの。なんだかなぁ、と思いつつそれでも一息に読んでしまえる面白さ。
    境遇が近すぎるのが笑えない原因か?
    面白いんだけれど、気になりすぎるので、すぐまたこの作者さん読んでみるつもりです。
    無くした財布と携帯はどうしたんだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エッセイスト

「2018年 『すべて忘れて生きていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生きていてもいいかしら日記のその他の作品

北大路公子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

生きていてもいいかしら日記を本棚に登録しているひと

ツイートする