さようなら、オレンジ [Kindle]

著者 :
  • 筑摩書房
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (176ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英語がもっと読めたりきけたりすればいいのにとここのところ強く思っているので、オーストラリアの英語学校で出会うアフリカ難民だった女性と日本から渡豪した女性の話、ときいてすぐ読んでみたのだけど、すごくよかったーー。
    母国語と英語、生きていくために習得する外国語、自分というものを表現するための言葉、とかとかいろいろ考えさせられた。あと、すごく陳腐なことを言うようだけれど、なにがあってもあきらめないことが大事、っていう。希望があるところがものすごーーくよかった。
    ふたりの女性のことが少しずつだんだんわかってくるという構成も引きこまれたし、文章も読みやすくて、ストーリーにも緩急がある感じ。あと、翻訳もの?と思うような、アメリカ文学っぽい雰囲気があるような。簡単な英文のEメールが突然出てきたときはちょっと驚いて、すごく効果的だと思った。(これはあとがきでも触れられていたけれども)。

    デビュー作らしいけれども、この著者の作品はこれからも読んでみたいと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

大阪生まれ。『さようなら、オレンジ』で2013年、第29回太宰治賞を受賞しデビュー。同作で、第150回芥川賞候補・第8回大江健三郎賞受賞・2014年本屋大賞4位。2015年に刊行された『Masato』で、第32回坪田譲治文学賞受賞。

さようなら、オレンジのその他の作品

岩城けいの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする