失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 羽住 都 
  • KADOKAWA / 角川書店
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (159ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Kindleで復刻ということで喜んでポチッ。中見てガックリ。2編の内、1つは既読。「しあわせは子猫のかたち」が第1話とは。「失はれる物語」で読んじゃったからな・・・。とはいえ、このお話は自分にとって大好きなお話なので、じっくり再読。そして涙。たまらんのですよ、この話。なんか胸の奥底で、ズズーンって感じで。やはりページを繰って、ことあるごとに余韻に浸るように、そして涙ぐみ。2人と1匹の不思議な生活とそれを乗り越える二人の思い、やり取り。思い出しただけで涙が。

    そして第2話。タイトル「失踪Holiday」のお話。こちらはうってかわって、少女の成長譚。というか狂言誘拐とその顛末ですね。文章がアオイですねえ、なんとなく。挿絵も相まって、おかしくかわいいお話になっています。勘違いから、血の繋がらない父母への疑心へ。それでも楠木クニコの計らいのお蔭か、勘違いに気付き、自分が子供だったと気づく。そうして少し大人になったのかな。結局3000万円は奪ったままなのだから、良い話という訳ではないが、人間関係捨てたもんじゃない、って感じでしょうか。

    あとがきが面白かったですね。メタ発言的な。若いんだろうなあ、と思う書きっぷり。読んでる方が少し照れくさい(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

失踪HOLIDAY (角川スニーカー文庫)のその他の作品

乙一の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする