聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.03
  • (41)
  • (41)
  • (29)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 362
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連載当時は、多くの反響を呼んで色々意見が出たらしいのですが、そこんところをスルーしてしばらく経ってから通しで読みました。

    かつていじめっ子だった主人公(男)が、いじめられた子(女)に向き合うと言うストーリーです。

    いじめだけでも陰惨なのですが、いじめられた子(この子も主人公なのです)が障害を持った子という点でぐっと重さを増しています。

    かと言ってそこまで重たくならないよう配慮されていて、絵柄もソフトタッチです。

    過去のいじめ描写はうっすらです。むしろ、その後の人物たちがどう向き合いどう進むかにスポットを当てているところに、未来志向が見えると思いました。

  • 「聲の形」ってどんな話なのか知らなかったんですけど、コミックス1巻が無料で配布されてたので軽い気持ちで読んでみたところ、心に深い傷を負って生きる希望がなくなりました。これからどうやって行きていけばいいのでしょう。

  • 考えさせる漫画。いじめる側は事の本質を軽く考えすぐ忘れるが、いじめられた側は心に傷を残しずっと覚えている。でもこの主人公の二人は真逆。本質的にまっすぐな良心を持ち合わせていたから最後のエンディングを迎えられたと思う。

  • 障害者もの、いじめ物だけに後味はよくない
    続きを読むか迷うところ
    できればアニメを見る前に読みたいのだが

  • 話題作だけあって、面白いね。読まず嫌いしてたけど、ハマれそうです

  • 胸がチクチクする。集団の恐ろしさと許しという救い。

  • 友達に借りて4巻まで一気に読破。帯にある「お前なんかに出会わなきゃよかった」から、「もう一度、会いたい」に変わるまでがこの1巻に描かれています。 いじめる側、見ている側、それを取り巻く大人の側にある何かとてつもない歪み、いじめられる方の思い、未熟な表現しかできない子どもたち、していいことと悪いことの区別が分からないままエスカレートしていくのをただ見ている読者の側に募って来る背徳のドライブ感と、そういう行為をとる以外の行動の仕方が分からない主人公の乾いた哀しみ。いろいろなことを考えさせられる作品でした。

  • 冒頭の再会から、一気に6年前の回想に飛ぶ。

  • 少し前に話題になっていた「聲の形」。
    1巻から2巻を読む機会があり、続きが読みたくなった。
    改めて1巻から読み始めてみると、センシティブな話を丁寧に積み上げていた。
    知らない3巻以降に早くたどり着きたくなっている。

  • 2018/9/10

    726.1||オ (3階マンガ)

    耳が聞こえない「西宮さん」、いじめっ子の「石田」
     小学校に西宮さんが転校してきたことで石田の人生が一気に変わり・・・
    高校生で人生をやめようとした石田は最後に西宮さんに逢わないといけないと思い・・・

    耳が聞こえないということ、いじめるということ、友達との関係など考えさせられることがいっぱい!!

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス)のその他の作品

聲の形(1) (講談社コミックス) コミック 聲の形(1) (講談社コミックス) 大今良時

大今良時の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

聲の形(1) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする