エマ 10巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.25
  • (10)
  • (10)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヴィルヘルム家のメイド。アデーレさんの矜持的なエピソードのアデーレの幸せが一番好きだ。「……誰かが死んだ時、その人の人生は幸せなものだったかと考えるわ。生きたと言えるだけの人生を生きられたのか。生きたと言えるような人生を生きたいから、やったと言えるだけの事をやりたいのよ。私にとっては自分の恋愛や結婚よりも今の生活のほうがそう思える。突きつめればそういう事ね」人の数ほど幸せのあり方もあり。ここまできっぱり言い切れるアデーレさんの生き方が嫌いじゃない。最後はエマさんのあれ。やっぱそこで終わらないと締まらん。

  • 電子書生にて再読。

  • Kindle便利すぎます…(笑)。乙嫁語りのテンポが好みだったので、エマの1巻をポチってみたら、そのままズルズル10巻まで…。iPadの容量が足りなくなりました(笑)。

    乙嫁よりもハラハラしながら読みました。でも、時の流れの緩さと、びっしり描き込まれた絵の世界の濃厚さがたまらなくよかった。そして、ほんとによかった(ストーリー的にも)。

    えーっと、正月早々、Kindleにだいぶ出費いたしましたので、しばらく漫画は買いません。買いませんってばっ。

  • 全10巻を公式嫁入り道具に認定すべき。
    身分制度とか、性差別とか、そんなつまらん読み方ではなくてね。

  • -

  • 皆が笑顔でイイ終わり方。作画も凄い水準に。本作を先に読んで、その後「乙嫁語り」でドハマりしてこちらは再読だったのだけど、森薫さんは好きな作家だと実感することができました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

* 同名著者複数

1.漫画家
森薫(もり かおる)
1978年東京都出身の漫画家、同人作家。代表作に2005年第9回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、テレビアニメ化された『エマ』、マンガ大賞2014では大賞を受賞した『乙嫁語り』。

2.カウンセラー
森薫(もり かおる)
1950年佐賀県に生まれる。中央大学卒業後、2007年まで東京都内の中学校において、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。2007年にはkTC総合教育研究所所長となる。元屋久島おおぞら高校副校長。2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。
現在は学びリンク総研所長・家族支援メンタルサポート協会理事長。専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、年間百回以上の講演を行うなど、全国を駆け回っている。

森薫の作品

ツイートする
×