かわいそうだね? [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (155ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ”でも自分の人生が狂っているなんて絶対に認めない、どの人の人生もきっと適当に狂っているけれど、狂っている部分なんて恥だから、みんな見せないようにしているだけ。”

  • 最後の最後、樹里亜が暴れてくれる爽快感を味わうために読んでいたのかもしれない。その次におもしろかったのはアキヨから送られてきたメールの文面。
    女ってかわいそうでかっこよくて惨めで勇ましい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1984年京都府生まれ。2001年『インストール』で文藝賞を受賞して作家デビュー。04年『蹴りたい背中』で芥川賞、12年『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を受賞。ほかの作品に『夢を与える』『勝手にふるえてろ』『ひらいて』『しょうがの味は熱い』『憤死』『大地のゲーム』『手のひらの京』などがある。

「2018年 『100万分の1回のねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわいそうだね?のその他の作品

かわいそうだね? 単行本 かわいそうだね? 綿矢りさ
かわいそうだね? Audible版 かわいそうだね? 綿矢りさ

綿矢りさの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする