成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方 [Kindle]

制作 : 池田 紘子 
  • CCCメディアハウス
3.81
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (216ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ルールが定まっていない世界では成功するための方程式は無いので、リーン・スタートアップ的な手法を使おうという本。考え方は斬新ではないが、『1万時間の法則』が通用する世界とそうではない世界をきっちり分けたのは偉いと思う。俺はあの法則はガバガバ過ぎて嫌いだけど。

    成功というものは思わぬ幸運によって掴み取るものなので、小さな賭けをたくさんしようという話。先に挙げた『リーン・スタートアップ』や『反脆弱性』などを読んでいると、まあそんなもんだな、という印象しかない。

    ルールが定まっていない世界なのに、金をかけて計画通りに行動しようとする奴は愚かだと言える。そういう意味では、今の時代だと職人的な下積みは間違っているのではないだろうか。あれはまさしく長期的な視野を持って、一つのことに時間と労力を投資していくスタイルである。しかしそれでは賭けができる回数が減ってしまう。外れた時のリスクがでかい。

  • この本でも引用されている近いテーマを扱った「偶然の科学」は論理展開がくどくて読むのが苦痛だったけど、こちらは面白くてスラスラ読めた。

    10倍株を狙って投資をしている人には必読。

  • 成功は過去の成功の繰り返しでは得られないし、むやみに新しいものに飛びついたから得られるものでもないと、漠然と思っていた。それを論理的に解説してもらった気がする。

  • ランダムといえば確率論だの複雑系だのといった理論が裏にあるため難解な内容になりがちだが,本書は軽い文章であり2日に分けるつもりが一気に読めた.そして,それこそが本書の問題点に思われる.本書の主張は目次を見ればだいたいわかるし,事例もどこかで見たものが多すぎるように思われる.逆に言えば,この手の本をあまり読んだことのない方にはおすすめできるのかもしれない.

全5件中 1 - 5件を表示

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方のその他の作品

フランス・ヨハンソンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

成功は“ランダム”にやってくる! チャンスの瞬間「クリック・モーメント」のつかみ方を本棚に登録しているひと

ツイートする