石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 (双葉新書) [Kindle]

著者 :
  • 双葉社
3.77
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (118ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「君たちが日本に勝ったのは少しばかり日本より強かったからである。」

    石原莞爾について書かれている本。ダニガン検事による尋問とそれに対する回答が中核である。何度か同じ内容の記述があるのが気になった。それ以外は楽しく読めた。しかし、東条英機が間違っていた、と我々は非難できないだろう。なぜなら、彼は戦争の結果を知らなかったからである。そして、石原莞爾の考えを用いれば戦争に負けなかったかどうか、は分からないからである。

    法廷でのやり取りは大変刺激的だ。彼の発言に多くの人が元気づけられたであろう。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1940年長崎県生まれ。昭和38年鹿児島大学卒業。石原莞爾研究者。著書に、『将軍の真実・松井石根将軍の生涯』、『石原莞爾満州合衆国』、『石原莞爾満州備忘ノート』、『サムライたちの真珠湾』、『石原莞爾国家改造計画』、『南京戦の真実』(以上、光人社NF文庫)、『奇襲』(南日本新聞開発センター)、『石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人』(双葉新書)などがある。軍事雑誌『丸』に「参謀本部作戦部長石原莞爾『国家百年の計』三宅坂の夏」を連載中。日本ペンクラブ会員、満州研究会会員。

石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 (双葉新書)のその他の作品

早瀬利之の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする