ドラッカー・メソッド 自信をもって生きる方法 スライドブックシリーズ01 (カドカワ・ミニッツブック) [Kindle]

著者 :
  • ブックウォーカー
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (14ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 《「継続は力なり」と言うように、やり続けられることが自分の「強み」になります。千利休の和歌集にこんな歌があります。

    「上手にはすきと器用と功積むと この三つそろふ人ぞ能くしる」  

    名人になるには、(1)好きでやっていること、(2)器用であること、(3)それから修業をたくさん積むことが条件だと言っています。好きなだけ、才能があるだけでは駄目で、継続できるかが大切です。》

    「30分前後で読める電子書籍」ミニッツシリーズ。その名の通り、さらっと読めます。
    著者 櫻田 潤さんの他の著書(図で考える。シンプルになる。)に興味があって、それを読む前のウォーミングアップがわりに。
    ドラッカーの本も読んだことないので、ちょうどいいかなと(でも聞いたことがあるフレーズがあった。「何によって憶えられたいか」とか。やはり名言なのですね)。
    少ない文字数、わかりやすいピクトグラムで、プレゼン資料を見ているかのような本です。

  • ドラッカーが述べたことを、著者ならではの視点で整理し、ビジュアルに伝える「スライドブックシリーズ」の第一弾。

    『ドラッカー著書を読むと、気になる言葉との出会いがたくさんあり、いつの間にか付箋やアンダーラインだらけになってしまいます。』と著者はあとがきに述べている。その感想は、多くの人が共感を持って感じることができるだろう。

    「インフォグラフィックスとは、情報をわかりやすく人に伝える形で視覚化したもの」と語る著者ならではの論理の展開と整理。それは端的で記憶に強く残る。ドラッカーが語った「自信をもって生きる方法」がストレートに伝わってくる。

    カドカワ・ミニッツブックは「分単位で読める本」「もっと気軽に空いた時間ですっきり読み切れる、ちょうど良い本」を目指している。それをさらに一歩進めた「スライドブック」という形態も斬新だ。

    短い時間で読み切れるように、そして、印象深くなるように、コンテンツの分量も記述のロジックも、シンプルに計算され、絞られている。

    知識は持っているだけでは意味がない。使えて始めて知恵となる。一生使える知恵が、わかりやすいカタチで提示されている。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

櫻田 潤(さくらだ じゅん)

東京生まれ。学習院大学経済学部卒。2010年に企業で働きながら、個人サイト「ビジュアルシンキング」を立ち上げ、インフォグラフィックに関する情報発信と制作を開始。2014年にインフォグラフィック・エディターとしてNewsPicksに参画。インフォグラフィックを用いた記事の編集・デザインを担当。2018年より、コミュニティ「ビジュアルシンキングラボ」主宰。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。

https://visualthinking.jp/
https://twitter.com/jun_saq

「2019年 『たのしいスケッチノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻田潤の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ドラッカー・メソッド 自信をもって生きる方法 スライドブックシリーズ01 (カドカワ・ミニッツブック)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする