標本箱

アーティスト : 黒木渚 
  • ラストラム・ミュージックエンタテインメント (2014年4月1日発売)
3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4519552003699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好き。

  • 知らぬ内に解散しソロになっておられた。
    のびやかな声そのままに刃物の様な印象の尖った処が無くなってた。
    最速のスピードで心に刺さって来ます。
    窓とか、可愛くって好きだ。
    あしかせのぎりぎりしてるとこも好き。

  • 1発目の「革命」でぐっと惹きこまれます。少しかすれたようなでもよくのびる声がどこまでも走ってそれに自分も乗せてもらってどこまでもいけるような感じがします。「金魚姫」「うすはりの少女」が好き好き大好きです。水浸しの夜のバラ庭園で寄り添って手を取り合ってふたりで踊る感じがして!「金魚姫」の“袖を濡らして 追って来て”という言葉が好きです。涙をぐいっと拭いて金魚姫のところに走って来てくれる幸福の予感に包まれる感じがして。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1986年宮崎県日向市生まれ。福岡大学大学院人文学科卒業。大学時代軽音研究会でギターをはじめ、ライブハウスで弾き語りをスタートする。2010年、自らの名前を冠したバンド”黒木渚”を結成。
2012年12月「あたしの心臓あげる」でデビュー。2013年12月COUNTDOWN JAPAN 13/14出演をもってバンドは解散。2014年からソロ活動開始。同年4月1stアルバム「標本箱」をリリース。2015年「自由律」など多数のアルバムを発表。また「壁の鹿」で小説家としてもデビューする。
2016年4月には「ふざけんな世界、ふざけろよ」、7月には配信シングル「灯台」をリリース。2016年8月、病気療養のため音楽活動休止を発表。2017年4月、初の単行本『本性』、文庫『壁の鹿』が発売となる。同年9月、音楽活動復帰。

「2018年 『鉄塔おじさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

標本箱のその他の作品

標本箱 MP3 ダウンロード 標本箱

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする