貨物船のはなし (月刊 たくさんのふしぎ 2014年 04月号)

著者 :
  • 福音館書店
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910159230448

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貨物船の歴史から構造の移り変わりが、詳しく紹介されている。

  • 貨物船、貨客船だけでなく、旅客船も含んだ船の歴史。移民船が、復路では移民船室を貨物用の船倉として使っていたことを知らなかった。

  • 柳原良平『貨物船のはなし』
    アンクルトリスでおなじみ、柳原良平さんのスタイリッシュな絵がたっぷりたのしめるうえ、貨物船を中心に、近現代の大型船の進化の歴史をたどりながら、四方を海に囲まれた日本にとっては船が欠くことのできない存在であること(人の移動に関しては飛行機に及ばないが、一方で少ない燃料でどんなものでも運べるという強みがある)を確認させてくれる。
    あとがき、柳原さんが船に魅せられ描き続けているいきさつも印象深く読んだ。

全4件中 1 - 4件を表示

柳原良平の作品

貨物船のはなし (月刊 たくさんのふしぎ 2014年 04月号)はこんな雑誌です

ツイートする