ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス - 3DS

  • アトラス (2014年6月5日発売)
  • Nintendo 3DS
4.17
  • (31)
  • (31)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 290
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4984995900919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界樹の迷宮のシステムをくんたペルソナシリーズのスピンオフ作品。お祭りゲームですがかなりしっかりしたゲームで感動。クリアにかなり時間がかかりました。
    お祭りゲームを出すシリーズではペルソナシリーズは今の所隙なしって感じですね。さすが!
    P3とP4のキャラが一堂に会し、主人公も両作品から選択、エンディングも別々にムービーが用意されておりとてつもなくボリューム満点。
    難易度も選べるし、世界樹の迷宮シリーズやこの系統のゲームを遊んでいたらかなりすんなり遊べるのではと。こういうゲーム嫌いな人には多分拷問。
    私はFOEを避けるのが面倒だったので難易度下げて片っ端から駆逐しながら進みました()
    お陰で後半はカンストしたので割とサクサクプレイ。
    シリーズを越えたキャラ同士の掛け合いも楽しく、メインのストーリーはかなり泣けました。スタッフロールヤバい。
    あとやっぱり後の事を思うとP3サイドは凄く悲しい気持ちになりますね…。P4でかなりホッとする。
    メインのシリーズで後半参戦とかで出番少なめのキャラが割と出張ってる印象。

    ダウンロードコンテンツでナビの声が変えられるのも良かったです。エリザベス可愛い。

  • ペルソナしながら地図かけるとか、ありがとうとしかいえぬ。

  • 懐ゲーシリーズ第三弾
    20年前のゲームがこんなに生き残っているなんて凄いわね。愛されているわね。ペルソナfirstしか知らない私は鼻血が出そうだったわ。こんなにスタイリッシュなゲームに進化していて何だか全くわかりゃしないわよ!映像、音楽、キャラクター、夢に出そうな程、格好いいじゃねぇか!

    ベルベットルームに気味の悪いイゴールさんが居ない。
    薬局サトミタダシのトンチキな歌が聴けない。

    ハイカラになっても異常にハードルが高くて、面倒臭くて、ストーリーが鬱展開なのは相変わらずな様です。

    面倒臭過ぎて、nomalからsaftyにモードを下げました。それでも猛烈面倒臭いです。地図など書く気なしです。小説を読む様にサクサクストーリーを知りたいです。この枝葉末節を噛み砕いての作業ゲー。大人には辛い。でも知りたい!色々気になり過ぎる!攻略本を読まずにジワジワ切な〜くなりたいので、4、5年遊べそうです私。学生時代に戻りたくなります。懐かしいですね。ロングスパンでジワジワやります。P4のキャラクターが特に好きです。プレステでやりたいわね。こういうイカツイ本気のキャラゲーは。もうそんな暇が無いのが残念な所。PSvita版のP4なら出来るかな?振り返れば刹那。押し寄せる懐古。小説の様なゲームが好きです。音楽が共に在るのが大きな違い。ペルソナの音良いわー。CD欲しくなった。

  • P3とP4のキャラが時間軸を超えて集う(時間軸を合わせるとP3メンバは2歳年齢が上がる)。
    ダンジョンものなので黙々と進める感じかと思っていたら、セリフがとても多くあって良かった。
    他のペルソナシリーズのスピンオフ作品はシナリオがとてもしっかりしているので、それと比べるとやや甘い感じはあるが、それでもちゃんとペルソナ作品のクオリティだったと思う。

    地図を描きながらダンジョンを攻略するシステムと、このゲーム向けにチューニングされたペルソナの仕組みが面白かった。
    ライトゲーマー向けに優しい設定になっているようで、自分には丁度よかった。

  • 一年近くかかりましたがなんとかクリア!
    キャラが出来上がってるので世界樹的な遊びとは少し違いましたが、結構楽しく遊ぶことができました!

  • P3・P4のオールスター的ゲームかと思いきや、メインストーリーが思ったよりよかった。

    EDの演出は、地図を今まで書いてきたいわば作業をジーンと感じさせられるよい演出。

  • いやうん好きやで。好きやけど、ちょっと疲れた。という具合で積みゲー。
    ちょっと再開して攻略を見ようにも、それがまたややこしい。しかも4サイドと3サイドがあるのでA型のわたしはなんとなくコンプリートするまでは売れないという気分になる。でもやっぱりプレステ媒体の本編が好き。かな。

  • よかった!
    切ないけど、楽しかった!
    薄々分かってたよ…おかげで途中が辛かった。

    そして世界樹熱が再燃した!

  • P3ルートクリア。

    地図を書くのが大変そうだと思っていたけど、案外簡単で、色を塗ったりドアや宝箱のマークを置いたりするのが楽しかった。後で見返しても分かるように工夫するのも楽しく、自分に合っていたと思う。

    P4はまだゲームをやっておらず、合流の時点で多少ネタばれがあったけど、そんなに気にならなかった。(ペルソナ転生も仕方ないかという印象)
    キャラに関しては、真田さんと荒垣さん落ち着けってのと、ぎこちないP3メンバーに対するP4メンバーの切り込み具合がぐさっときた笑

    「え…?」というストーリー展開もあったけど、最終的に少し泣けたし、面白かったのでこのために3DSを買った甲斐はあった。

  • うんざりするような迷宮の数々。地図が埋まっていく快感。ペルソナ3も4も未プレイだが、楽しめた。やや内輪ネタあり。

全24件中 1 - 10件を表示

プロフィール

代表作に『ペルソナ』シリーズ、『真・女神転生』シリーズ、『世界樹の迷宮』シリーズ、『デビルサバイバー』シリーズを持つゲームメーカー。
『ペルソナシリーズ』最新作の『ペルソナ5』は出荷本数55万本突破(2016年9月30日)!

「2017年 『オーディンスフィア ちいさな妖精女王(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス - 3DSを本棚に登録しているひと

ツイートする