世界を変えた10冊の本 [Kindle]

著者 : 池上彰
  • 文藝春秋 (2014年2月10日発売)
4.05
  • (22)
  • (39)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :283
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (168ページ)

世界を変えた10冊の本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 選定された10冊、全て私は読んだ事はないのですが、
    本書を一読しただけで“読んだ気”になります。

    解説が上手すぎる上に池上さん独自の解釈も
    非常に面白く、分かった気になって終わってしまいます。

    池上さんは本書を入口にもっと深く探求して欲しい、
    と思っていらっしゃると感じます。

    ところが本書でさらっと表面を舐めて終わり、
    と言う状態がもったいないと思いつつ、
    それ以上の行動を起こす気になれません。

    他の入門書は池上さんの説明ほど面白くなく、
    さりとて難解な著作にチャレンジするのは億劫、
    という気持ちが自分の中で勝るのだと思います。

    内容自体は抜群に面白く、☆5つですが、
    上記のモヤモヤ感が抜けず、☆4つとしました。

  • 『アンネの日記』『聖書』『コーラン(クルアーン)』...平易な言葉で解説がなされている。難しいことを易しい文章で書くーこれは深く勉強しているからこそ為せる技だろう。またそれぞれの本は一見因果関係がないように見えるが,実は繋がっておりそのつなげ方が実に巧い。内容はもとより池上さんの文章はその書き方が勉強になる。

  • 池上彰さんの現代史の講義を10冊の本を通して展開している内容です。宗教と経済学が主なテーマであり、偏っているという見方もできますが、現代史を理解する上ではこの10冊なのかな、と思います。構築主義の本が一冊ぐらいあってもいいかなとも思いました。

  • 池上氏の挙げた世界を変えた10冊は

    アンネの日記
    聖書
    コーラン
    プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
    資本論
    イスラーム原理主義の「道しるべ」
    沈黙の春
    種の起源
    雇用、利子および貨幣の一般理論
    資本主義と自由

    どれも確かに世界を動かし、その影響は後々まで続きました(今も続いています)。だからこそ読んでおきたい10冊をこんなにも分かりやすく解説してあり、すっかり読んだ気になる書籍は他にはありません。池上さんの本や解説はいかに難解なものも誰でもわかるようにシンプルにまとめてあるので、非常に役立ちます。

  • 本書で取り上げられている「10冊の本」。この中には、有名な本もあれば、そうでもない本もあるけれど、「世界を変えた」だけの影響力のある「考え方」が詰まっている「10冊の本」。

    原著に当たろうとすれば、読み応えのある本が多いところを、平易な語り口でさらっと読ませるあたりは、さすが池上さんだなぁと思わせられます。とりわけ、最後の2冊「雇用、利子および貨幣の一般理論」「資本主義と自由」あたりは、身近な話題を使って上手く解説していますが、実際はかなり難解なんだろうなぁと想像します。

    そして本書を読み終えて、全体を振り返ってみると、実は「10冊の本」それぞれの解説書というよりも、「10冊の本」を題材として、現代の政治・経済・世界情勢を、池上さんが解説しているということに気づかされます。この辺の構成も上手いと思います。

    とはいえ、惜しむらくは、ここが本書の限界だということ。残念ながら「よくできた解説」の域を出ていなくて、それ以上の何かを感じられませんでした。なので☆4つとしました。

  • 旧約聖書とか新約聖書って「訳」が旧いとか新しいってことと勘違いしているあなた(私も含め)!。「約」は神との契約の約なんですよ、と池上さんが本書でやさしく教えてくれます・・。とても原書を読むまではできないけど、現代社会や歴史、経済ニュースなんかを理解するうえでも、何が書かれているかは気にはなっている有名な書物。そんな10冊を池上彰さんが分かりやすく解説してくれます。実に分かりやすい。分かりやすい説明はたいてい嘘だ、という意見もありますが、それでもさすが池上さん。具体的に取り上げるのは『聖書』、『資本論』、『アンネの日記』、『コーラン』、『種の起源』、ケインズ、フリードマンの経済書など。書物で残された偉大な思想や考え方というのは世界を変える力があるんだなぁと分かります。原書を読むかどうかは分からないけど、この本を読んでおけば少しは知ったかぶりができるだろうという教養書です。

  •  かの有名な池上彰が月刊誌「CREA」に連載した記事をまとめたもの。紹介されている本は以下の10冊:
    1.アンネの日記
    2.聖書
    3.コーラン
    4.プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
    5.資本論
    6.イスラーム原理主義の「道しるべ」
    7.沈黙の春
    8.種の起源
    9.雇用、利子および貨幣の一般理論
    10.資本主義と自由

     10冊のうち4冊(4・6・9・10)はタイトルすら知らなかったので不勉強を恥じる。最後まで通読したのは『コーラン』だけだ。『聖書』と『沈黙の春』くらいはちゃんと読んでおきたい。

     アンネの日記もユダヤ人問題という意味で含めると宗教書が4冊。経済書が4冊。科学書は2冊。これは著者の選択だが、そのまま宗教と経済と科学が世界に与える影響の比率を描いているように思える。

     決して古い話ではなく、近現代においても世界は宗教によって規定され、経済によって駆動され、科学は道具に過ぎないということだろうか。

  • 宗教と経済の関わりが非常にわかりやすく書かれている。特に宗教の成り立ちについてはさらに深く学んでいきたいと思わせてくれた。

  • セールだった

  • 一般教養として考え方として知っておくべき本の要点をさっと自分の中に流し込む。学んだような気にはなっている。が、覚えておくことはなかなか難しいんだろうな。

    宗教や経済についての本が多く、キリスト教がわかる、イスラム教がわかる、経済の基礎がわかる的な本は何度も読んで、何度も頭の中をすり抜けてしまっているという実績もありつつ、そんなことを思ってしまう。

    Take away
    "聖書:産めよ 、増えよ 、地に満ちて地を従わせよ 。海の魚 、空の鳥 、地の上を這う生き物をすべて支配せよ 。"
    キリスト教文化圏の人から感じる、地球上を人が支配してしまえ的な背景にある言葉なのかなと。聖書の言葉を重んじてきた社会なだけに、なかなか変わることは難しいんだろうなと。

    "プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神:カルヴァン派の信徒はつねに 、自分が選ばれているか 、それとも神に見捨てられているかという二者択一の問いの前に立ちながら 、みずからをたえず吟味しつづけることで 、救いを作りだすことができるのである 。でも 、どうやって ?信徒たちは 、自分が選ばれた者だと信じることが絶対の義務とみなし 、そのことに疑いをもつことは悪魔の誘惑として退けるよう求められた 。自己への確信のなさは信仰の不足を示すものであり 、恩寵の働きの不足によるものだとされたのである 。こうした自己確信を獲得するための優れた手段として 、職業労働に休みなく従事することが教えこまれたのである 。この職業労働だけが 、宗教的な疑惑を追い払い 、恩寵を与えられた状態にあるという 〈救いの確証 〉をもたらすことができるのである 。”
    あらゆる自己啓蒙の本にある背景でもある気がした。

    "資本論"
    資本主義に代わる社会主義・共産主義とはいかなるものなのか、それについては詳細は述べられていない。

全24件中 1 - 10件を表示

世界を変えた10冊の本のその他の作品

池上彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
ロバート キヨサ...
岸見 一郎
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

世界を変えた10冊の本を本棚に登録しているひと

ツイートする