利休にたずねよ 通常版 [DVD]

監督 : 田中光敏 
出演 : 市川海老蔵  中谷美紀  市川團十郎  伊勢谷友介  大森南朋 
  • キングレコード (2014年6月13日発売)
3.25
  • (11)
  • (8)
  • (31)
  • (12)
  • (1)
  • 本棚登録 :117
  • レビュー :30
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003825782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天下人、豊臣秀吉によって切腹を命じられた茶人千利休。かつては織田信長にも茶頭として仕え信長が落命後には秀吉の庇護のもとに天下の宗匠として不動の名声を獲得していた。そしてその妻の宗恩が見守る中、自らの腹に刀をたてようとしていた利休の脳裏に若かりし時代の記憶が蘇る。
    青年時代に放浪の旅を重ねていた利休は高麗からさらわてきた女性と出会い何時しか二人は恋に落ちていった。茶聖と称され詫び茶を極めた希代の茶人、
    千利休。その人物像に新たな解釈を示し美に対する尋常なる執念とその原点を描いた山本兼一の直木賞受賞作を映画化した市川海老蔵主演の映画です。
    原作は読んでいないですが、是非読んでみたいと思った作品でした。伊勢谷友介さんの演技も素晴らしいと思いました。

  • 侘び寂び

    冒頭
    信長のシーンに息を飲む
    私の中のハイライト

    千利休という人を
    知りたくなる

  • 原作を読んでいないせいでしょうか。
    なかなかついていけませんでした。
    時代がぶつ切りなのも影響しているのかも。
    そして歴史に疎いから?

    何を、利休にたずねるべきなんですか?

    それから、別の映画「清須会議」で、中谷美紀さんは秀吉の奥様を演じていたと思います。
    こちらでは切腹に追いやられた側の奥様ということで、結構違和感

  • C。海老蔵の所作が美しいのはよい。
    けれど何だこの話?高麗の女を拉致って史実?唐突になにこれ。原作はどうなってるのだろう?とは思うが読む気しない。

  • 市川海老蔵=千利休 堺の三大茶人 中谷美紀 大森南朋=豊臣秀吉 安土城 いせや伊勢谷友介=織田信長 ポルトガル人 蕾 足利家 高麗の椀 小指 関白などその一つに過ぎん 天下人 ホトトギス 成海璃子 筍を騙したのですね その言葉の意味を知っているのか? 切腹 柄本明 妬まれた 放蕩息子

  • HUMICでの請求記号「DVD15/0070/著作権済/(124分)」

  • 海老蔵さん自身が侘び寂びやったわ~。めちゃ雰囲気が良かったです。どうして利休は切腹しなくてはならなかったのかなぁ。可哀相な気もする。秀吉がアホだったのか、賢かったのかは分からないけど。茶の湯と戦というかお侍さんと全くカンケーなく関わりが無ければ、今の時代はどうなってたのかな?とか、いろいろ考えました。大森南朋がむかつく秀吉にぴったりだった。腹立ったわ~(笑)。

  •  利休切腹から過去を遡り、利休の人生を追う。

     利休を美の追求者として描いている。
     たぶん、自分が市川海老蔵を好きじゃないんだろうなぁ。なんか入り込めなかった。

     韓国の女優クララがびっくりするほど綺麗で、名前覚えた。。。

  • 映画のアスペクトにあわせたモノを主役にした映し方、モノを囲む陰影・余白余韻・空気の醸し方、ゆったりとした中に緊張感を感じさせる人間の所作描写が好き。

    切腹の日から遡り、千利休の完成された人物像エピソードが黙々淡々と静的に描かれていく(対比は大森南朋の豊臣秀吉)。
    利休自身の水面下の懊悩は密やかに暗示されてきたのに対し、最後のエピソードはでは一転、感情高ぶる動が顕になる。

  • 仕方ないとは思いつつ、原作を読んでから映画を観ると、これは改悪としか。

    序盤からオリジナルエピソードを突っ込み、
    ストーリーはめちゃくちゃ、
    セットはハリボテ、俳優の顔は綺麗すぎ、
    雨の降り方もわざとらしく。
    海老蔵は姿はいいが演技は微妙。その他キャストの演技も微妙。良かったのは柄本明ぐらいでは。

    直木賞受賞作の映画化を謳っておきながら
    なぜ原作からこんなにこねくり回したか。

    原作の美しさは一切無し。

全30件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする