アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~ [Kindle]

著者 :
制作 : 安井 力  角谷 信太郎 
  • マイナビ出版
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (337ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アジャイル開発の原理原則を示しつつ、現場レベルでのリアルな課題と向き合った実用的な一冊。

    ここに書かれていることが絶対的正解というわけではないが(アジャイルとはそういうものだ)、個人的には現場で転がしていった結果この本に書かれているところに辿り着いたケースがいくつも思い当たった。

    相当丁寧に状況説明から書かれていて、最終章のケーススタディなどはいささかやりすぎなぐらいである。
    ここまで具体的に書かれていながらも読者ごとの現場において解釈する余地がある、という点が素晴らしい。

    もっと早く読んでおけばよかった、が読後の率直な感想だ。
    アジャイル開発実践者で未読の方はきっと同じことを感じるはすだ。であれば、なるべく早く手に取るに越したことはないだろう。

  • プログラミング初学者ですが、そろそろアジャイル開発の実習に入らせていただくため、本書を読みました。

    「アジャイル開発では、どのように見積もりが行われるのだろうか?」という疑問を持っていたのですが、その疑問に答えてくれた本でした。

    実際のアジャイル開発における、計画、見積もりの流れが細かく書かれており、とても勉強になりました

  • プロダクトやプロジェクトをアジャイルに進める際に必要な見積もりと計画の作り方が学べる。
    リリース計画とイテレーション計画の重要性。

  • 再読することにした。特に不確実性について言及されていたので、このあたりを。

  • 内容が分かりやすくて翻訳も上手いのでスラスラ読める。スクラムを始める時に最初に読むと良さそう。最後の小説形式でアジャイルな見積りと計画づくりの雰囲気がわかるのも良かった。

全5件中 1 - 5件を表示

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~のその他の作品

Mike Cohnの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~を本棚に登録しているひと

ツイートする