腰痛探検家 (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.86
  • (4)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (161ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私もこれだけ必死にいろいろ通わないと腰痛治らないのかなー

  • Kindleでセールか何かだったので購入した作品。
    結構前、たぶんギックリ腰だった時に買ったのかな。
    藁にもすがる思いで。
    そして藁だった。
    しかし非常に面白い藁であったな。
    腰痛をどうにかしようという思いには何の役には立たないが、腰痛世界にいる人間には非常に共感できる部分も多い。
    腰痛は辺境。
    出口の見つからないジャングルにいるようなもの。
    でもまあ腰痛も30年近く付き合ってると、まあ日常です。
    そもそも腰が痛くないという状態がわからない。
    痛いのが当たり前。
    もはや生活拠点はジャングルの中なのである。

  • Kindleのセールで「腰痛」というタイトルに惹かれて何となく購入してみたが、かなり楽しめた。腰痛持ち仲間として著者の気持ちは良く分かる。本書で単に腰痛治療の探索について書かれているわけではなく、腰痛という秘境入り込んだ人間が脱出しようともがくところが面白おかしく紹介されている。腰痛に悩んでいる人間はたくさんいると思うが、他に人々がどのように対処しているのかはなかなか分からないものだ。著者本人の異常なまでの腰痛治療への執着ぶりとその悪戦苦闘は笑えるし参考になる。病院であろうと民間治療であろうと、三者三様、こんなにも言うことが違うとは。腰痛と恋愛の共通点の発見だとか、所々に現れる腰痛による人生論のようなものが意外と味わい深い。で結局、腰椎とは関係ない悪い病気による腰痛で無い限り、適度な運動をしてバランス良く筋肉を補強し、血行をよくし、腰痛と共存共栄してくということかな。スイミング習いにいってみようかな。著者の他の本も読んでみたくなった。

  • 腰痛を治すために様々な手段を試すが、結局原因が分からないし治らない話。
    まず文章が面白い。くすくす笑いたい気分になる。
    心因性じゃないかもしれないが腰痛に執着するのはやめるのだ、という潔さが読んでて気持ち良い。悩むから問題なのであって、本当は大した問題ではないのかもしれない、という境地に至るためにはベストを尽くさなければならないのかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

腰痛探検家 (集英社文庫)のその他の作品

高野秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
遠藤 周作
ジェイムズ・P・...
ヴィクトール・E...
高野 秀行
有効な右矢印 無効な右矢印

腰痛探検家 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする