百姓貴族(3) (ウィングス・コミックス) [Kindle]

著者 :
  • 新書館
4.14
  • (8)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (122ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 農家のお母さんは本当によく働く。それはお母さんの「なんでもやらされるのよ!!」とう怒声が全てを物語ってる。大正の女は容赦ないは言い過ぎかもしれないけど。我が家もご先祖様は入植組なもんで、ばさまの語るばさまがまさに荒川さんちのおばあちゃんで。北の大地で育った女は強いっす。「こいつらの生きようとする力を見てるとさ一部のベジタリアンが言う「植物は意見が無いから動物とちがって食っていい云々」てーのが詭弁に聞こえるのよね」確かにかぼちゃの生命力は恐ろしい。家庭菜園レベルの我が家の畑にも同じようなかぼちゃが…。

  • 荒川さんのエッセーはいつ読んでも面白い。めちゃくちゃ面白い。

  • 待ってました3巻。今回はお母さんとお祖母さんの話しもあり…農家の人ってなんでも出来るっていうか、やるんですね。あと、植物の生命力って凄いですよね…

  • 面白いマンガって読み終わってすぐまた最初から読んじゃいます。安定のクオリティと、人間これだけの睡眠時間でやっていけるんだ(作者だけ?)という驚き…農家の方に感謝。

  • 寝なきゃいいじゃん.仕事中って頭ずっと使っているから他のことに思考力を割けないんだけど,肉体労働だとまた違うのか.そう言われれば,本屋でバイトしてた時は大抵数学の宿題を頭の中でやっていた気がする.

  • 「羆嵐」、ぜひ読みましょう。

  • 2014 3/21読了。Kindle版をiPadで読んだ。
    荒川弘の農家エッセイマンガその3。
    担当が「徴農制」とかたわけたこと抜かしはじめるエピソードの「ばかこくでねぇ」感。
    てめえ、さんざんっぱらこの農家の大変さ加減を聞かされてきてそれいうとかどういう神経だ。
    野菜農家の冬やること=「パチンコ」のコマはああ、ちゃんと人間なんだなと少し安心したけども。

  • やや文字数の多さを感じたけどためになった。おばあちゃんの最期にグッときた。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

百姓貴族(3) (ウィングス・コミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする