アジャイルサムライ――達人開発者への道 [Kindle]

制作 : 近藤修平  角掛拓未  西村 直人  角谷 信太郎 
  • オーム社
4.40
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (458ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アジャイルについて学びたくて、『アジャイルな見積もりと計画づくり』を読んだ後に本書を読みました。

    扱っている内容は濃いものの、すごく読みやすい文体で、分かりやすかったです。

    特に、チームメンバーやお客さんとの実際のやりとりのコツも書かれていたところが、とても良いと思いました。
    おかげで、アジャイル開発の進め方をイメージしやすくなりました

  • なるほど、これは確かに良書として広く認められていることにも頷ける。という具合に非常に読みやすく、必要なエッセンスが詰まっていると思う。

    しかしながら、やはりこういった技術書は現場での実感が伴わなければ道半ばというか、読了の価値も中途半端なことになってしまう。

    確かに現場でアジャイル開発はまだまだ見えてこない。いち技術者としてトレンドを押さえておきたいという欲求もある。ウォーターフォールでもアジャイルでも関係なく有効な手法・考え方に落とし込めるよう、手探りながら自分のできることを見つけたい。

  • ケント・ベックの「XPエクストリーム・プログラミング入門」は眠たくなっただけだが、本書は具体的で話がよくわかった。
    最後に付属している「アジャイル宣言」和訳を読んで、僕が某大手SIerの品質管理部門で、プロセス定義とツール利用による徹底を目指していたことが、なんだったんだろう、と思えた。
    アプリの種類によるのだろうが、僕が開発の対象としてるもの(スマホアプリ)はアジャイルであるべき、と思えた。
    これから着手しようとしているアプリについて、本書に従って、インセプションデッキを書き、不完全ながらユーザーストーリーも書いてみた。
    アジャイル的な見積もり法をもっと確実に知っておきたいので推奨されていた「アジャイルな見積りと計画づくり」(Mike Cohn著)を読んでから、見積り・スケジューリングをしてから、開発にとりかかろう。

全4件中 1 - 4件を表示

アジャイルサムライ――達人開発者への道のその他の作品

アジャイルサムライ−達人開発者への道− 単行本(ソフトカバー) アジャイルサムライ−達人開発者への道− JonathanRasmusson

西村直人の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

アジャイルサムライ――達人開発者への道を本棚に登録しているひと

ツイートする