カササギたちの四季 (光文社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 光文社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (188ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★2.8
    華佐々木、日暮、奈美の三人が主人公の連作短編集。
    道尾作品だから期待が大きかったのか、あまり楽しめませんでした。
    最後まで誰にも感情移入が出来ない残念な感じです。
    読みごたえとしてはかなりライトなので、中高生向きだったのかも。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

道尾 秀介(みちお しゅうすけ)
1975年、兵庫県生まれの小説家。玉川大学農学部卒業。会社員生活を続けながら小説を執筆しており、2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。
2007年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。2009年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞。2010年、『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞受賞。『光媒の花』で第23回山本周五郎賞受賞。2011年、『月と蟹』で第144回直木賞受賞。直木賞にはこの作品で5回連続のノミネートだった。
その他代表作として『向日葵の咲かない夏』があり、文庫版は100万部を超えるベストセラーになった。『カラスの親指』は映画化された。
ほか、横溝正史ミステリ大賞、新潮ミステリー大賞の選考委員を務める。

カササギたちの四季 (光文社文庫)のその他の作品

道尾秀介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

カササギたちの四季 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする