うちの執事が言うことには (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (135ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「すぐにお迎えにあがります」
    「ゆっくりでいいぞ。幸い、お菓子でお腹はいっぱいなんだ」

  • 消化不良
    まだ一巻だから保留かな?

    もうちょっとキャラが立ってくれたらいいと思う。

    どうしても薬屋さんと比べてしまう><

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

茨城県出身。芝浦工業大学工学部機械工学科卒業。1999年『銀の檻を溶かして』で第11回メフィスト賞を受賞しデビュー。著作に、デビュー作を始めとする「薬屋探偵」シリーズ、「ドルチェ・ヴィスタ」シリーズ、「フェンネル大陸」シリーズ(以上、講談社)などがある。

「2018年 『うちの執事に願ったならば 5』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うちの執事が言うことには (角川文庫)のその他の作品

高里椎奈の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする