恋の渦 [DVD]

監督 : 大根仁 
出演 : 新倉健太  若井尚子  柴田千紘  後藤ユウミ  松澤匠 
  • ポニーキャニオン (2014年6月4日発売)
3.69
  • (20)
  • (44)
  • (26)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 189
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013666061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督のウェーイ系DQN観察映画です。
    ウェーイ系DQNなんて自分と一番離れた異人種だし食指が伸びなかったのですが、大根監督の最新作が10月に公開されるし、放送でも話題になったので観てきました。

    すごい面白かったと同時に、嫌な感覚を植え付けてくる映画でしたね。

    まず役者陣が本物のDQNにしか見えません。
    DQN特有の間延びした喋り方ってあるじゃないですか。男はヤニでザラついた声をしてるし、女は妙に甲高い。何喋ってるかわかんないし、何に笑っているかもわかんない。冒頭のKY地獄絵図はどんなグロよりも強烈でしたw
    個人的押しDQNはトモコさんでコウジと別れるのが嫌で発狂するところは笑っちゃいましたw

    ストーリーも面白かったです。登場する9人の若者は基本的に自分のことしか考えていません。自分が思うことは相手に共感してもらえないと気が済まず、そうじゃないとキレるか拗ねる。その場その場で相手によって話題を楽しんでいるフリはしているけど、内心人のことをバカにしていて平気で二枚舌を使う。自分の中にこれといった信念がないため行動に一貫性はなく、1時間前に言ったことを全く覚えていない。

    だから観ている間は、「こいつらクズだなー」とか「ずるいなー」とか思うんだけど、観たあとハッと気づくんです。自分はこいつらと何が違うんだろうと。

    自分にも特段誇れるポリシーもないし、相手によって態度を変えたり話を合わせたりするのなんて普通だし、嫌いな相手と何となく我慢して付き合って陰口も言ったこともある。
    大体、この映画レビューだって「多様な価値観を認めます」みたいな柔和な態度を持っていても、本音を言えば観た人に共感してほしい!反論が来るとイヤだし、多分モチベも下がると思うw

    人間はそうやってコミュニケーションの場を適当にやり過ごしている。心の通い合った会話が一番だけど、大体は無意味で即席のやり取りに終始してしまう。この映画のDQNたちを観ると自分と何ら変わりないことに気づくんです。

    だからといって性根の通い合わないコミュニケーションのあり方を否定も肯定もしない。
    それは恐ろしいのか、そんなもんなのか、その中にも真の絆はあるのか、
    その答えは観た人それぞれの人生の中に隠されているのかもしれません。

  • たまたま夏目漱石を読んでいたせいか、漱石が現代に生きていたとしたらこんな小説を書いていたのではないかと思わされた。というのも、男はわかりやすいのに、女は最後まで謎めいている。

  • これがコミック「NANA」の裏バージョンのような話ですね。出てくる人たちはNANAとは違って、誰も彼もイケてないのですが、狭い狭い人間関係の中にトラップされていて、身動きの出来ない、一種の恐怖状況が生まれている。その中で、多少、正気を保っているのは最初から「ブス」呼ばわりされているユウコ:後藤ユウミだけ。彼女だけは英会話を勉強していて、今いる「ここ」から抜けだそうという努力はしている(でも結局、彼女も目先の人間関係からは逃げ出せないのだが)。しっかし、どいつもこいつも理屈だけは上手だなぁ(まあ、そういう脚本なんだろうが)。

  • とんでもないし、人に勧められない。けど過去にみたことがないユニークで面白い映画です。最初の宅飲みシーンはグダグダすぎてもう観るのやめようかと思ったんだけど、その後はトントン拍子。気づいたら惹きつけられてます。

  • 軽い気持ちで観れて面白い。
    全員DQNだけど、見栄とか欲望とかしたたかさがこんな人いるいるーと思わせる。

  • DQN文化に興味津々なわたしにとっては写真集のような最高な映画

  • 2017/01/13

  • ちょうど昨晩はDQNと久々に交流したせいか、かなりうんざりした。DTの時も今回のDQNも、抜かりなくうんざりさせるリアリティのようなものが精神をズタズタにしてくる。疲れるしもう見たくない(褒)

  • すべて室内。誰かんち。あと夜だけだったかな。
    匂いというか臭そうというか。
    2年前の作品だけどすでに古い。風俗を扱うとやはりこうなるか。オチはよかったと思います。

  • ビッチとDQNの渦だった

全38件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1968年東京都国立市出身。演出家・映像ディレクター。 「モテキ」「湯けむりスナイパー」「週刊真木よう子」など深夜ドラマを中心に 映画、PV、舞台演出、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する。

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする