アンのゆりかご―村岡花子の生涯―(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.91
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の頃にお世話になった赤毛のアンシリーズがどのようにして日本に紹介されたか。翻訳者の村岡花子さんは、多分女の子なら誰もが知っているはずの名前なのに、その人物を知る人は少ないのでは?明治期に高い教養を身につけたこの方を、裕福な生い立ちだと誤解していた人も多いと思う。

  • 村岡花子さんにまつわるお話そのものに読みごたえがあることもさることながら、要所要所に、心に留めておきたい表現がいくつもあった。
    それは、花子さんの人生の中にあるものなのか、それを文字に書き起こした著者恵理さんの人生の中にあるものなのか、定かではないが、文字に起こすことで、それを読書を通じて共有できることの素晴らしさを感じることのできる一冊。

  • NHKの連ドラに魅かれて読みました。当然 ドラマとは違うわけで・・・
     私としては内容よりも斎藤由香さん(斎藤茂吉さんの孫 北杜夫さんの御嬢さん)がお婆様のことを書いていることと
    村岡さんがお婆様のことを書いている共通点の方に興味が惹かれましたね。お二方とも成城大学文学部の出身ですね。

全3件中 1 - 3件を表示

アンのゆりかご―村岡花子の生涯―(新潮文庫)のその他の作品

村岡恵理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンのゆりかご―村岡花子の生涯―(新潮文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする