銃夢Last Order NEW EDITION(1) (イブニングコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (2)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (333ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  タダだったから読んでみた( ´ ▽ ` )ノ

     以前無印版1冊、きのう火星版2冊を読んで、きょうはこれ( ´ ▽ ` )ノ
     順番めちゃくちゃで正直ストーリーはよく分かんないけど、相変わらずとんでもなく上手な絵に頭がくらくら( ´ ▽ ` )ノ
     ガリィちゃんが、かわいい(本作にはそのキャッキャウフフコピー版まで登場する!)( ´ ▽ ` )ノ
     スカヨハみたい(くちびる)( ´ ▽ ` )ノ
     中国アクション映画(開脚)ぽい剣戟バトルがカッコいい( ´ ▽ ` )ノ
     設定・世界観は練りに練り込まれ、科学考証も徹底している( ´ ▽ ` )ノ
    「アトム」平成版っていったとこ(絵柄もザ・虫プロっぽい)( ´ ▽ ` )ノ
     でもお話なんかもうどうでもよくて、ひたすらガリィちゃんを眺めるためだけに続刊を読んでみたい気がする( ´ ▽ ` )ノ
     星5つにしたのは、ガリィちゃん愛ゆえ( ´ ▽ ` )ノ

     オマケの初期短編(89作)、うまいはうまいんだけど現在のそれとはまったくタッチの異なる絵柄に驚愕(゚д゚)!
     当時やってたアニメ作品(ダーティーペアとか天地無用!とか)っぽいな( ´ ▽ ` )ノ
     お話の方はイマイチ……ってかかなりつまんなかったけど(>_<)
    2020/06/01
    #928
     
     

  • 前シリーズに比べると急にスケールでかい話になってくるがやっぱ人間てなんだろなと言う深い問いがあるので結構考えさせられる。

  • ブックウォーカーで無料だったので。
    完全に続編なので細かいところはわからなかったけど、ハードなSF世界観はよかった。死んでも周りの空気が再生させるとか、もうファンタジーの領域だけど。

  • -

  • ガリィというサイボーグ人間の話。



    何が自分足らしめるのかについてガリィが考える。結論は自分が関わった人間がいて自分がいる的なありきたりな感じ。自己の存在意義について考えるのは『攻殻機動隊』似てるが、結論が本質的に違うな。俺は『攻殻機動隊』の方が好みだ。つーか、『攻殻機動隊』と比べるのは、『攻殻機動隊』に悪いな。


    これはゴミ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

木城 ゆきと(きしろ ゆきと、1967年3月20日 - )は、血液型O型。圧倒的な想像力と、それを支える緻密な画力で、国内のみならず世界的に高い評価を受けている。主な作品に『銃夢』『銃夢Last Order』『水中騎士』など。
公式HP ゆきとぴあ(http://jajatom.moo.jp/frame.html)

「2012年 『銃夢 Last Order NEW EDITION(10)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木城ゆきとの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする