たんぱく質入門 どう作られ、どうはたらくのか (ブルーバックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (249ページ)

著者プロフィール

1969年、三重県に生まれる。1998年、名古屋大学大学院医学研究科修了。医学博士。名古屋大学助手等を経て、現在、東京理科大学理学部第一部教授。専門は巨大ウイルス学、生物教育学、分子生物学、細胞進化学。2015年に日本初の巨大ウイルス「トーキョーウイルス」を発見した。
著書には『DNA複製の謎に迫る』『生命のセントラルドグマ』『タンパク質入門』『新しいウイルス入門』『巨大ウイルスと第4のドメイン』『生物はウイルスが進化させた』(以上、講談社ブルーバックス)、『レプリカ――文化と進化の複製博物館』(工作舎)、『マンガでわかる生化学』(オーム社)、『ヤミツキ細胞生物学』(じほう)、『ろくろ首の首はなぜ伸びるのか――遊ぶ生物学への招待』(新潮新書)などがある。

「2019年 『ヒトがいまあるのはウイルスのおかげ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たんぱく質入門 どう作られ、どうはたらくのか (ブルーバックス)のその他の作品

武村政春の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

たんぱく質入門 どう作られ、どうはたらくのか (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする