ロスト・シンボル(上中下合本版) (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA / 角川書店
3.55
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (596ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりにロバート・ラングドンシリーズ!
    上中下の3冊が電子書籍で丸ごと読めるなんて、
    本当にいい時代になった。まさしく魔法!

    私の好きなミュージシャンが、「物理学と哲学は似ている」
    というようなことを言っていたけれど、
    まさしく、それ。

    物理学、量子力学、心理学、神秘学、化学、宗教、
    超心理、建築、数理、などなど
    挙げればきりがないほど、この本にはあらゆる学問に
    関する示唆が載っている。

    それが、難解になりすぎず、深すぎず、
    かといって軽視するわけでもなく、軽やかにお話が進んでいく。

    「精神は物質を支配している」

    この一文がすべてだよなぁ。すごい。

    少し話はずれるけれど、『異人館画廊』を読んで、
    図像学についてネットで調べていたら、
    ある版画が紹介されてて、それが、こちらにも
    重要な位置づけをもつ一枚として登場していて面白かった。
    アルブレヒト・デューラーの「メランコリアⅠ」

    あと、エヴァのLCLに類似した液体が存在することも面白かった!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1964年ニューハンプシャー生まれ。アマースト大学を卒業後、英語教師から作家へ転身。2003年刊行のラングドンシリーズ二作目「ダ・ヴィンチ・コード」で一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たす。父は数学者、母は宗教音楽家、そして妻は美術史研究者であり画家でもある。

「2018年 『オリジン 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロスト・シンボル(上中下合本版) (角川文庫)のその他の作品

ダン・ブラウンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする