コーチングのプロが教える 「ほめる」技術 [Kindle]

著者 :
  • 日本実業出版社
3.90
  • (26)
  • (49)
  • (28)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 330
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (62ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 怒らず褒める。
    「褒める」と言われても、部下や同僚、年上の社員へどうアプローチすれば良いか分からなかったが、相手の存在や行動を承認する事が褒めてに値すると分かった。

  • Kindleセールで安くなってたので読んでみた。タイトルとおり褒める(アクノレッジメントというらしい)技術と具体的な実践方法を解説した一冊。
    コーチングにおいて褒めるのが大事というのは良く目にするし、感覚的にも理解出来る事だと思う。しかし、いぜ実際に褒めるとなると何をどのように褒めればいいのか分からないというのはよくあることだ。本書の良い所は人を大きく4タイプに分類し、そのタイプにあった褒め方を具体的に記述しているところだ。
    試しに同僚や友人を4タイプで分類してみたが正直に言って4タイプじゃ足りないんじゃないかと感じる。しかし、実際に分類が出来た人に対する褒め方を読むと、なるほどと納得させられるのも事実だ。
    4タイプが必要十分かどうかという話は置いておくにしても、タイプ別に全く違う褒め方が必要だというのは良く理解できた。

  • 「コーチングでは承認が大事」とは言うものの、いざどうしたら良いのかはわからない。
    その具体例が紹介されていて参考になる。
    特に、人によって心に刺さる褒め方の種類が違うというのは面白いと思ったし、説得力があると思った。
    「褒める」とは言っているが、要はいかにその人と向き合えるかということである。

  • コーチングとは、スポーツコーチだけが必要なスキルではない。社会人として必要なスキルだ。また、学生でも部活やサークル、クラスをまとめる立場の人にも必要なスキルである。
    この本は、日常生活の中で活用できるコーチングスキルについてわかりやすく紹介している。
    コーチングの必要性について今まで考えてみたことがない人には是非読んでもらいたい。きっと、人との接し方についての考え方が変わると思う。

  • コーチングは、自己説得の行為。
    アクノレッジメントを行う。

    相手の存在を認める行為、言葉のすべてがアクノレッジメント。

    相手が心の底で、他人から聞きたいと思っている言葉を伝えて初めて、「ほめる」という行為は完結すると。

    私の知る限り、任せるのがうまい上司は、常日頃から部下に何を任せられるのかを一生懸命探しています。とりあえず振ってみる、ではなくて戦略がそこには存在する。

    長く人の心に残るのは、どちらかというとYouよりもIであるようです。それは、人はどこか深い部分では、自分がどのように他人に影響を与えているのか、聞いてみたいと思っているからです。

    報連相(報告、連絡、相談の略)は上司に、「あなたのことを信頼しています」「頼りにしています」ということを伝える最も効果的な手段です。ほとんどの上司は自分を頼ってほしいと思っています。

    この世の中には二種類の人がいる。一方はすきあらばアクノレッジメントしようとしている人で、もう一方はアクノレッジメントされることを待ってる人

  • 褒めて伸ばすを考えさせられる良い本

  • 人間には4タイプあり、タイプによって効果的なほめ方が違う。家庭内でもアクノリッジメント(ほめる事)は有効らしい、これからはほめて行こう。

  • メモ
    アクノレッジメントをしようとする人とアクノレッジメントを待つ人

  • エンジニアリング組織論への招待で「アクノレッジメント」に言及があったものの、深掘りされてなくてモヤッとしたので手にとってみた。存在承認の感触はフワッと読んだ。とはいえこれまでは雑なほめ方してたんだなーと痛感。どんなほめ方が刺さるかで4分類してるのが、なるほどそういうものかってなった。

  • 友達から進められた本
    めちゃめちゃ実践的で良い本だった。
    周りの人を、アクノレッジメント(存在承認)し、生産性をあげようというのが趣旨。
    また、4つの人間タイプとそれぞれの褒め方も興味深かった。
    # 4つのタイプと褒め方
    1 コントローラー: コントロールしたい人・起業家 => 安易な褒めNG、組織・成果を褒める、逆に鋭い批判が良いときも
    2 プロモーター: お祭り大好き => どんな褒めでも嬉しくなる、回数増やす、逆に批判に弱い
    3 サポーター: 尽くすタイプ、腹心 => 尽くしていることをちゃんと認めてあげる
    4 アナライザー: 分析屋 => 具体・専門的に褒める
    自身は簡易診断では、プロモーター+アナライザーの傾向が見られた。
    アナライザー傾向は自身ではそこまで自覚していなかったので面白かった。
    アクノレッジメントするためには、周りの人をちゃんと観察しなければならないのもミソ。
    今日からいかして組織や周りを活性化していきたい。

    激オススメ本です。

全43件中 1 - 10件を表示

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術のその他の作品

鈴木義幸の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術を本棚に登録しているひと

ツイートする