ブッダ 1 [Kindle]

著者 :
  • 手塚プロダクション
3.44
  • (1)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 場面転換が多いけど、面白い。
    章の構成も短くて読み易いので、どんどん読める。

  • タッタとブダイ将軍とチャプラ

  • 全14巻。

    ・人間も動物も植物も同じ生き物、ただ生まれて生きて死んでいくそれだけのもの
    ・欲を持てば苦しみが生まれる、欲を捨てれば苦しみから解放される
    ・命は輪廻転生する

  • 個人と組織、自由と統制、尊敬と裏切り、生と死、考えと行動、理想と現実、・・・というように相反する考え方が背中合わせに同居し、同居しているからこそ葛藤が生まれ、人間は悩み続けるんだと感じた作品でした。

    ブッダを慕う人々は教えをより多くの方々に伝えようと組織化し、教えに従順させて否定させないように規律を策定。自分が正しいと思ったことをより多くの方々に伝えたいという気持ちは理解するものの、強制的でないにしろ、正義感と押し付け感のアプローチは「前向きな否定」がしづらくなり、なんとも言えない息苦しさを感じてしまいます。

    だからこそ、ブッダは、常に旅をし続け、組織でなく個人として活動することで、個人と個人の絆を紡ぎ続けたのはないでしょうか。

  • 全部読んだ

  • -

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

手塚治虫(てづか おさむ)
1928年11月3日 - 1989年2月9日
大阪府生まれ、兵庫県宝塚市出身の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。その功績から、「漫画の神様」とも評された。1946年デビュー以後、漫画を表現とストーリーでもって魅力的な媒体に仕立てる。『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』『火の鳥』『どろろ』『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』など、世に知られる多くの代表作があり、アニメ化・実写化された作品も数知れない。

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブッダ 1を本棚に登録しているひと

ツイートする
×